アサヒビールがチェコのウルケルを含む欧州3ブランドの国内販売を2018年4月3日(火)より開始へ

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

アサヒビールさんが公式サイトで発表されてますが、
グループの欧州事業が持っている3ブランド、

ペローニ・ナストロ・アズーロ(イタリア)
ピルスナー・ウルケル(チェコ)
グロールシュ・プレミアム・ラガー(オランダ)

を2018年4月3日(火)に発売する事が決まった様ですね。

ビアっぷるにとって非常に嬉しいピルスナー系が3種類!
もちろん樽でもボトルでも国内ですが飲んだ事があります。
が、これによりビアバーに卸され飲める機会が凄く増えるはずですし、
アサヒビールさんの流通環境なら状態も良いだろうし、
でこの3ブランドが「樽」で販売される事が嬉しい。

その中でも特にチェコのウルケル!

ビアっぷるの知る限りボヘミアンスタイルとなるウルケルを飲むならば、
新宿御苑前のハイバリーさんがウルケルを独自で仕入れて、
料金がやや高めですが非常に状態の良い形で提供してくれます。
はい、やはりビアっぷる的にここのウルケルは相当好みで稀にお邪魔してます^^;
チェコでは№1ピルスナーでIBUがそれなりに高いのですが、
苦みが少なく甘みがありドリンカビリティとして最高に素晴らしい。

また、国内でのボヘミアンスタイルでピルスナーといえば、
神奈川県の横浜ベイブルーイングさんや石川県の日本海倶楽部さん、
そして青森県の奥入瀬ビールさんがビアっぷる的に浮かぶブルワリーと思ってます。
※個人的主観ですので悪しからず^^;

やはりこのチェコのウルケルに勝るか!?というと…
好みはありますがビアっぷる的に3社の中で奥入瀬ビールさんが一番近い?
と思ってるが、これもまたアバウトで申し訳ないが何かが違うんですよね…^^;
あー、ウルケルを飲みたくなってきましたwww

因みにビア仲間が昨年チェコへ旅行に行った際には、
約500mlが約200円!?とか、水より安いという恐ろしい事を聞きました。
ビアっぷるがチェコへ行ったら休日は1日飲めるだけウルケルを飲んでみたい…
今年か来年にはチェコに行けたらいいなぁ~www

という事で、4月3日(火)~樽も販売との事ですし、
皆さんも機会があったらアサヒさんが発売する前にビアバーで飲んでみて、
それからアサヒさんが提供したウルケルを飲み比べると面白いかもですよ。

はい、ウルケルの話ばかりになり大変恐縮でしたが今回はここまで。
それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約9年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手さんのビールが苦手でビールそのものも嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは基本的に好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに、全世界のビールファンが1人でも多く日本国内のクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、東京は銀座でOPENした“クラフト…
  2. 宮崎ひでじビール(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、宮崎県は延岡市にある『ひでじビール…
  3. ろまんちっく村(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は宇都宮市にある『ろまんちっ…
  4. murmur(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は日光市にある『murmur…
  5. MARCA(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、大阪は北堀江にあるMarca Br…
ページ上部へ戻る