『ベルギービールウィークエンド2017東京』が9月14日(木)~18日(祝)まで開催!

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

近日の東京近郊で行われるイベント情報をブログに挙げておきますね~

イベント名:ベルギービールウィークエンド東京
期間:2017年9月14日(木)~18日(月祝)まで
時間:初日14~22:00、平日&土日11~22:00、最終日11~21:00まで
会場:六本木ヒルズアリーナ
ラストオーダー:終了時間の30分前

毎年恒例ですが8回目となるベルギーウィークエンド東京が開催されます。
ベルギーは超ビール王国ですからブルワリーやビールの種類がズバ抜けて多く、
昨年にベルギーのビール文化がユネスコ無形文化遺産に認定されましたね(@_@)

ベルギービールといえば、デパートやスーパーで目にする有名な銘柄は、
グーデンカルロスやシメイ、デュベル、ヒューガルデン、ロシュフォール辺りでしょうか?
今回はなかなかお目にかかれない銘柄が出てきたりと、
銘柄数は107種類と大集結って感じですね~

はい、会場に入る際のざっくりした流れでも書いておきますね。

会場へ入る前にスターターセット(3,100円)を購入して、
ベルギービールウィークエンドの専用グラスとコイン、
ガイドブックを受け取ります。
そして、リンサーでグラスを洗ってからビールの銘柄を決めたら、
ビールに必要なコイン数を払いビールをもらう流れになります。
※前売券で入場もあり

また、1種類の見終わったらグラスをリンサーで都度都度洗う事をおススメします。
リンサーはグラスを逆さにして真ん中から水が噴射する箇所に押し付けると、
グラス内が勢いよく噴き出してきて水圧で洗う感じですね。
最初の方は楽しいかもね!慣れてくると…^^;

コインは足りなくなったら別途専用箇所で購入が可能なので、
そちらで購入しての繰り返しですね。
なかなかリンサーで洗うビアバーでクラフトビールを飲んでても、
なかなかなど経験はできない上に、ビールの銘柄も樽が無くなれば違うビールが繋がる。
と、当たり前の事ですので気になる銘柄を狙っていく!
若しくは運がよく繋がってたら速攻飲みに行く!って感じですね。

これを機にベルギーウィークエンド東京に参加して体験してみてはいかがですか?
ビアっぷるは…ベルギーウィークエンドは毎年参加してましたが、
ここ数年は諸事情により参加はしてない感じです^^;

それでは、皆さんまたです。

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールそのものが嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. Be Easy Brewing(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、青森県は弘前市にある『Be Eas…
  2. 常陸野ネストビール(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、もうクラフトビール業界では有名過ぎ…
  3. 秩父麦酒(ロゴ2)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は埼玉県は秩父市にある『秩父麦酒…
  4. 浜松クラフトビアフェス2019 in ソラモ(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。  はい、今回で第2回目となる『浜松…
  5. T.Y.HARBOR BREWERY(ティー・ワイ・ハーバー・ブルワリー)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、東京都品川区にある『T.Y.HAR…
ページ上部へ戻る