徳島県の「RISE&WIN BREWING(ライズ アンド ウイン)」×SYNCHRONICITYのタップテイクオーバーイベントに参加してきました~

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

昨日ですが横浜・関内のビアバーSYNCHRONICITY(シンクロニシティ)にて、
徳島県のRISE&WIN BREWINGさんとのタップテイオクオーバーイベントがあり、
ビア仲間のお誘いで参加してきました~

イベント名:RISE&WIN BREWING TAKEOVER at SYNCHRONICITY
ブルワリー:RISE&WIN(ライズ アンド ウイン)
開催日:2018年3月11日(日) 13:00~21:00まで
開催場所:SYNCHRONICITY(シンクロニシティ)

はい、ビールですが、

LEUVEN WHITE(ルーヴェンホワイト)
アルコール度数:5.0%
IBU:13

PALE ALE(ペールエール)
アルコール度数:4.5%
IBU:26

IPA(アイピーエー)
アルコール度数:5.9%
IBU:45

POTER STOUT(ポータースタウト) ※限定
アルコール度数:6.0%
IBU:27

Morning Summer(モーニングサマー)
アルコール度数:4.6%
IBU:31

Yamainudake(山犬嶽) ※限定
アルコール度数:6.5%
IBU:55

の限定醸造2種を含む6種類ですね。

限定としては鳴門金時を通常の3倍にしたというポータースタウトと、上勝産の“松の葉”を使ったというIPAですね。いくつか飲みましたがその中で限定ビールを紹介したいと思います。

先ずは、“鳴門金時”を通常の3倍使用したというポータースタウトです。

香りはポータースタウトとの事ですがスタウトの方が強く感じました。
また、飲んでみたらモルトの苦さと甘さを程よく感じ、コーヒーさが出た飲みやすいさっぱりした黒ビール。今回は限定醸造という事で通常の3倍も、
ローストした鳴門金時を使用した様ですが…捜索願いを何度か出すも行方不明のままでした^^;

そして、上勝産の“松の葉”を使用した限定IPAです。

香りは…ビアっぷるは一瞬構えてしまう、
ホップ満載でいかにもIPAって感じ、そりゃそうですねwww
味は鼻から抜けるホップの香りが程よく感じ、苦みは少ないと思ったが飲み込んだ後が…苦い。ただ、通常のIPAに比べて飲みやすいのだが、限定ではない方のIPAは「アメリカンIPA」の文字で飲むのを躊躇したのですが…ビア仲間から少し頂くと、苦みが少なくそちらの方がビアっぷるは好みかな。ただ、また飲むか?と言われると…ペールエール&IPA苦手のビアっぷるにはもういいかな?^^;

しかしRISE&WINさんのビールは飲める機会が少ないので、こういうイベントは嬉しいですね!

以前にこのブログでも挙げた
「Morning Summer(NEセッションIPA)」
のイメージもありましたが今回の中ではまさか通常のIPAが一番好みと感じました。やはり飲んでないとわからないものですね^^;

皆さんも機会があればRISE&WINさんのビールを飲んでみてくださいね~
今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る