徳島県のRISE & WIN Brewing co.(ライズアンドウィン ブルーイング)が限定醸造した「Morning Summer(NEセッションIPA)」を樽で飲んでみた…

RISE&WIN Brewing(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

徳島県は上勝市にある『RISE&WIN Brewing co.(ライズ アンド ウィン)』さんが醸造された、「Morning Summer(NEセッションIPA)」を樽で飲んでみました~。因みにビアスタイルは、ニューイングランドセッションIPAとの事でどんな感じでしょうか。

ビール名:Morning Summer(モーニングサマー)
ビアスタイル:ニューイングランドセッションIPA
ブルワリー:RISE & WIN Brewing co.(ライズアンドウィン)
アルコール度数:5%
IBU:???
URL:RISE&WIN Brewing co.(ライズアンドウィン)
facebook:RISE&WIN Brewing co.(ライズアンドウィン)

という事で、ニューイングランIPAは前にこのブログでも紹介した、シンケンファクトリーさんのNEや伊勢角さんのNeko Nihikiが好みでしたが、このRISE&WINさんのニューイングランドはセッションIPAという事もあり果たしてビアっぷるに合うのか非常に気になるところ。

先ずは画像はこちらです。

見た目は濁り感もありニューイングランドスタイルって感じですが黄色という感じではないですね。そして飲んでみましたが…ジューシーさやトロピカルさの香りは思ったより感じなかった。味に関してはニューイングランドは好みなビールが多く感じてはいたものの、ニューイングランドセッションIPAというスタイルは意外に薄いのかな?。しかもニューイングランドIPAとは違う感じに感じて、ビアっぷるには非常に厳しい味でした…特に、柚香(ゆこう)をたっぷり使用したとの事ですが、この柚香が飲んだ後に残るの味が特に厳しく感じました。

因みにビア仲間の中でRISE&WINさんのビールの評価は、そもそも樽で飲める機会が少ない中でそこまで低くないと思ってたのですが、好みは人それぞれも浅はかな考えと言われてしまえば終わりだが、ニューイングランドスタイルにこの柚香は合わないんじゃないかな?と思ったのと、久しぶりにビアっぷるの舌に合わないビールを飲んだ感じでした。ごめんなさい^^;

ただ、RISE&WINさんの評価をこれだけで判断するのは早計ですし、諸事情により近日再度RISE&WINさんのビールを飲めますし、その際には他のスタイルや味を飲んでみたいですね。しかし瞬間風速で一気に醸造されている印象のニューイングランドスタイルですが、行きつけのビアバーではNeko Nihiki以外は最近見なくなったので何だかんだでもうブームが過ぎたのかな!?…いや、限定醸造を好まれる今の時代なら瞬間風速もあり得るかな?^^;

はい、今回は『RISE&WIN Brewing co.(ライズ アンド ウィン)』さんから「Morning Summer(NEセッションIPA)」をご紹介させていただきました。好みは人それぞれですし、感想はビアっぷるが感じた事。皆さんもこのビールを飲む機会があれば飲んでみてください。味は自分自身で判断するのが一番ですよ!。最後に、先日初めてお伺いしたビアバーがりあます。そこで飲んだビールを2種類の予定ですが近日に紹介したいと思ってますが、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る