秩父麦酒×ビアへるん:「かぼす と くま」を樽で飲みました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

前々から気になってた埼玉県の『秩父麦酒』さんのビールをようやく飲める機会に巡り合えたのは凄く嬉しい事でした!!という事で、2017年10月16日に醸造免許が交付されたという新規ブルワリーさんの埼玉県秩父市にある秩父麦酒醸造所さんと、老舗で島根県は松江市にある有名な『ビアへるん』さんとコラボしたという、限定醸造ビール「かぼす と くま」を樽で少量ですが飲みましたのでご紹介しますね~

ビール名:かぼす と 熊
ブルワリー:秩父麦酒
スタイル:フルーツエール(かぼす ver.)
アルコール度数:5%

えっと、今回は色々な諸事情により理想のグラスと、量ではではなかったのでいつものビール画像ではありません。

先ずは、ビール画像はこちらで、

樽画像はこちらになります。

見た目ですが画像の角度が微妙ですが明るい黄色って感じでしたよ。そして樽には秩父の吉田産ゴールデンカボスを使用したとの事でどんなカボスなのか興味津々のビアっぷるです。

香りですが、「かぼす」を使ってるという事から大分県のかぼすなのかな?と疑問に思いながらも柑橘系の香りで非常に爽やかな酸味を感じるフルーツエールって感じ。

そして飲んでみましたが、かぼす味と酸味の感じから皮も使ったのか?柑橘系特有のエグ味もあったのが残念だったのと、ビールが水っぽい感じでビアっぷるには物足りない…言葉は悪いがビールに辿りついてない感じでビアっぷるの好みではなかったですね(・_・;)。縁結麦酒やペールエール等イベントでも人気のあのビアへるんさんとのコラボにも関わらず、かなり予想外の味…まだ2017年10月に免許が交付されたばかりですが、凄く周りに恵まれてる醸造長の様ですので人に恵まれる環境は大きな財産です。今後はそこをうまく生かしてより良いビールができるはずと信じています。現時点ではビアっぷるにはちょっと厳しい感じですが、一定の期間を空けて再度秩父麦酒さんのビールを飲んでみたいと思っています。

それにしても、秩父麦酒さんを色々と調べてたら“ビール名”が面白いですね~☆
・林檎と熊
・初熊
・強熊

等など、「熊」の文字をつけてますね(@_@)。熊が付いてないビール名もありますが、きっと「熊」に由来する何かあるのでしょうね~いつかブルワリーさんに聞けたら聞きたいものです(^_^;)

そして話は変わりますが、ここ最近の新規ブルワリーさんで凄い!と思ったのは、このブログでも挙げましたが「永代ブルーイング」さんですね。新規でこの味!?とビックリしたのを今でも覚えてます。ただ今後更なる醸造量が増え工場が大きくなった時には味がどうなるか?という感じはしますが、そこで更なるビールセンスが出てきますから楽しみではあります。あ、このブログは全てビアっぷるの舌での話ですので、皆さんがどう思うかは別ですのでご了承くださいね。

最後にクラフトビールは嗜好品ですので自身で飲んで、自身の舌で感じるものです。つまり舌は“十人十色”で好みは人それぞれです。誰がどんな感想を言おうが否定する事はできないとビアっぷるは思っています。そして今回飲んだビールが来年飲めるか?となると、クラフトビール業界では機械を使えば話しは別ですが基本的には手作業が多く同じビールを造るのは難しい、だからこそ面白いクラフトビール業界なのです。皆さんもどこかで機会があれば秩父麦酒さんの「かぼす と くま」を、そしてその他のブルワリーさんのビールを飲んでみてはいかがですか?その時、ご自身の感想がどんな感想を持つか興味津々のビアっぷるです( ´∀`)

ではでは今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る