宮城県の仙南クラフトビール「20th Anniversary 記念ビール」のNE-IPAを樽で飲んでみた!

仙南クラフト 20th Anniversary

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

つい先日ですがラッキーな事にお伺いしたビアバーに、仙南クラフトビールさんのニューイングランドIPAが繋がっており樽で飲んでみました~

ビール名:20th Anniversary 記念ビール
ブルワリー:仙南クラフトビール
スタイル:ニューイングランドIPA(NE-IPA)
アルコール度数:6.0%

はい、以前は伊勢角屋麦酒さんの『Neko Nihiki』でニューイングランドIPAの、2バッチ目が好みとお伝えしましたが、今回は宮城県の仙南クラフトビールさんが、20周年記念ビールと題してニューイングランドIPAを造った様です!

これが仙南クラフトビールさんのニューイングランドIPAですね。
色はいかにもニューイングランドIPAと言った感じです。
さて、先ず香りですがグラスが置かれた時に香りが凄く立っており、非常に第一印象が良かったですね!それから味ですが、香りを残しつつスッキリとした飲み口で、IPAが苦手のビアっぷるもこのNE-IPAは苦みが少なく、非常に飲みやすい好みのビールと思いました。

正直、仙南クラフトビールさんのビールを飲むことがあまりなく、イベントで見かけても自ら飲みにいこうとはあまり思わなかったが、ちょっとこれで興味を持ちました。どうやら『JAみやぎ仙南シンケンファクトリー』という記載をされてますので、JAみやぎ仙南さんが経営してるという事ですか?(@_@)
また、

・ピルスナー(アルコール度数4.5%)
・ヴァイツェン(アルコール度数4.5%)
・ササニシキIPA(アルコール度数5.0%)
・女川ホップペール(アルコール度数5.0%)
・スタウト(アルコール度数7.0)

こちらがサイトに記載の定番も含めたビールのラインナップですね。

いくつかビール大賞を獲ってますがビアっぷるは賞に興味なし。ちょっと賞がありすぎてもう大半のブルワリーが受賞してますからね。それと、「飲んでみないとわからない」ですからwww

気になるのはピルスナーのアルコール度数が、最近では5~6%を飲んでるので4.5%は意外に低いイメージ。また、スタウトが7.0%とこちらはインペリアルスタウトでは?と思うアルコール度数でスタウトにしては度数が高い^^;

ただ、ビアっぷるが好きなピルスナーがあるんですね!とはいえドイツ製法ですからどう出るか…ですが、今度、どこかで見かけたらピルスナーを樽で飲みたいと思います。皆さんも飲める機会があれば是非飲んでみてはいかがでしょうか?
ビアっぷるはいつか現地まで行って飲んでみたいと密かに企んでおります。

今回はここまで。では、また~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る