大阪の國乃長ビールが2018年3月10日(土)にクラフトビールも飲める「第42回 國乃長 清酒蔵開き」を開催!

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

大阪の國乃長ビールさんですが毎年恒例の蔵開きの日程が決まった様ですね。
毎年年に2回、夏と冬に蔵開きを開催しており、自社製造の日本酒やクラフトビールが味わえ、
工場見学もできるという素晴らしいイベントですね~

イベント名:第42回 國乃長 清酒蔵開き
開催日:2018年3月10日(土)
開催場所:大阪府高槻市富田町三丁目26-12
前売券:2018年2月1日(木)~ Yahoo PassMarket(パスマーケット)にて販売
時間:午前10:00~12:00、午後13:00~15:30の2部開催
入場料:2,000円/1名
※詳細は公式サイト「 http://www.kuninocho.jp/pg51.html 」にてご確認ください

はい、ビアっぷるはひょんな事で日本酒の方ではなく、
ビールが主体!?(今はわからないけど…^^;)の夏の蔵開きに参加した事があります!

國乃長ビールさんと言えば、

・貴醸GOLD(アルコール度数5%)
・貴醸ブラウン(アルコール度数5%)
・蔵アンバー(アルコール度数5%)
・蔵ケルシュ(アルコール度数5%)
・ドライスタウト(アルコール度数5%)

の5種が主でもちろん清酒酵母を使った貴醸GOLDは、
甘みも香りも抜群で飲みやすく好みではありましたが、
毎度お伝えしてますが現地で飲む方が断然好みのビアっぷる。
特にケルシュは過去ボトルで飲んだ時よりかなり違い好みでしたよ^^;

最近だと昨年飲んだ「シトラスホワイト」というのがビアっぷるは好みですね!
八朔を使ったウィートエールだったかな?さわやかでかなり飲みやすい感じ。
そのシトラスホワイトは2017年の夏頃の肉フェスで初めて飲み、
2017年秋口のけやきビールで再度飲みましたが、
味がパワーアップしており更に美味しくなってました!
が、関東側ではあまり飲めるブルワリーさんでもないので、
大きいイベントがないと樽で入れてるビアバーも少なく最近は飲めてないですね><

因みにそのシトラスホワイトですが、
國乃長ビールさんの公式サイトを見るとボトルでは販売はされてないですが、
理想の八朔が獲れる時期に販売されるのかな?^^;

まぁ、それも当日のイベントに行けばひょっとしたらあるかもしれませんし、
近郊の方や國乃長ビールマニアの方は是非参加してはいかがでしょうか?
因みにビアっぷるが行った時は前売り券完売で、
当日券もないという状況でしたので前売り券購入をオススメします。

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、
情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、
日々ビアバーを飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールは嫌いでした。
が、クラフトビールに出会い、
強烈な衝撃を受け一気にハマりました。
基本的に樽でしか好まず、缶・ボトル、
そして海外のビールは好みません。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが、
1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、
ブログでお伝えできればと思っています。

因みに素人のブログですので文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 京都醸造(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は滅多に飲まないブルワリーさんのコラボビールが…
  2. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今週水曜に深海晶(しんかいあきら)こと新垣…
  3. RISE&WIN(ライズアンドウィン)ロゴ
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は久しぶりの登場となりますが、徳島県の 『RI…
  4. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんばんは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、とうとうこの日がやってきましたが、今…
  5. TDM1874Brewery(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 最近、ちょくちょくご紹介するようになってき…
ページ上部へ戻る