【Far Yeast Tokyo Craft Beer & Bao】で2018年1月17日(水)~先行開栓ビール&限定コラボビールを開栓へ

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

東京・渋谷にあるFar Yeast Tokyo Craft Beer & Baoですが、
2018年1月17日(水)に非常に魅力的なクラフトビールを繋ぐ様ですね。

先ずは、
ビール名:Far Yeast Nightcrawler(ファーイースト ナイトクローラー)
スタイル:North East IPA
アルコール度数:6.3%
先行開栓日:2018年1月17日(水)~
備考:限定醸造のコラボビール

これは、クラフトビールの専門誌「TRANSPORTER」との限定醸造コラボビールで、
モザイクホップを使用した甘く苦いトロピカルビールの様ですが、
こちらを新作の先行開栓日で繋ぐのが1つの目玉。

その他には
・Suginamic! Bitter Ale(Suginami Brewery × Far Yeast Brewing )
・源流Fest(小菅村 × Far Yeast Brewing)
となる、限定醸造ビールの2つが再び繋がれる様ですね。
ビアっぷるはどちらも飲めてないので興味はありますが、
スタイル的に好みではなさそうですからいいかな^^;

そして、1月21日(日)の15~17:00まで、

ビール名:Far Yeast Abbey Baby!( Brewpub Têtard Vallée × Far Yeast Brewing)
スタイル:アビィエール
アルコール度:7.0%
備考:大阪のブルワリーさんテタールヴァレさんとのコラボビール

と、計4つの限定醸造ビールが繋がる様ですね。

ビアっぷるはテタールヴァレさんとの限定ビールが一番気になります。
2016年の夏辺りにお伺いした際に飲みましたが、
オープン間もないとの事でまだビールの種類も少なく、
好みのスタイルがなかったので1杯で帰りましたが味は苦手でした^^;
あれからもう約2年弱過ぎれば醸造経験も増え、
今のテタールヴァレさんのビールを飲んでみたいですが、
このコラボビールも是非飲んでみたい(@_@)

Far Yeastマニアであれば飲み逃しは厳禁www
なかなか飲めないビールですしこれは飲まなくてはいけませんね!
ビアっぷるは当日別途用事があるので果たして行けるだろうか…
ま、行けたとしてもFar Yestさんでは一番好みの、
『馨和Saion』がありますからね~勝てるかな?^^;

ではでは、今回はここまで。
それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、
情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、
日々ビアバーを飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールは嫌いでした。
が、クラフトビールに出会い、
強烈な衝撃を受け一気にハマりました。
基本的に樽でしか好まず、缶・ボトル、
そして海外のビールは好みません。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが、
1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、
ブログでお伝えできればと思っています。

因みに素人のブログですので文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 京都醸造(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は滅多に飲まないブルワリーさんのコラボビールが…
  2. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今週水曜に深海晶(しんかいあきら)こと新垣…
  3. RISE&WIN(ライズアンドウィン)ロゴ
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は久しぶりの登場となりますが、徳島県の 『RI…
  4. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんばんは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、とうとうこの日がやってきましたが、今…
  5. TDM1874Brewery(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 最近、ちょくちょくご紹介するようになってき…
ページ上部へ戻る