『ストレンジブルーイング』から「Cape Cod’s Fog New England IPA(ケイプ コッズ フォグ ニューイングランドIPA)」を樽で飲みました~

ストレンジブルーイング ロゴ1

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、新潟県の『ストレンジブルーイング』さんから「Cape Cod’s Fog New England IPA(ケイプ コッズ フォグ ニューイングランドIPA)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。何か聞き覚えのあるビール名だな…と思いましたが、以前別のビアバーで飲んだ際には『Cape Cod’s Fog(ケイプコッズ フォグ)』というビール名でしたが、そのビール名の後ろに“ニューイングランドIPA”を付けたという感じでビアっぷるは再飲となるようですね^^;

ビール名:Cape Cod’s Fog New England IPA(ケイプ コッズ フォグ ニューイングランドIPA)
ブルワリー名:ストレンジブルーイング
スタイル:ニューイングランドIPA
アルコール度数:6.5%
IBU:50
URL:ストレンジブルーイング
facebook:ストレンジブルーイング

コチラがその「Cape Cod’s Fog New England IPA(ケイプ コッズ フォグ ニューイングランドIPA)」のビール画像です。

ストレンジブルーイング(Cape Cod’s Fog New England IPA)

見た目はやや透き通った黄金色で濁ってはいない。
香りはニューイングランド感はあるがジューシーさがかなり少なめ。
飲み口は、ニューイングランドらしいが複雑な感じ。ジューシーさがないのはかなり残念で、苦味は抑え気味なのはわかるが求めてる甘さはなかった。また、ビール自体は軽めで水っぽくはないが何とも言えない独特なニューイングランドスタイル。表現の仕方が難しいが味自体がビアっぷるの好みではありませんでした^^;

はい、この「Cape Cod’s Fog New England IPA(ケイプ コッズ フォグ ニューイングランドIPA)」ですが、もう10バッチ近く醸造されてる様ですね。ストレンジブルーイングさんとしては、『ソフトな口当たりで苦味は少なく、トロピカルでグレープフルーツのようなジューシーなフレーバー、 見た目を表現するとHazyな(もやのかかった, かすみのある)ビールです』との事ですが、ビアっぷるにはジューシーさが感じなかったし、見た目は確かに“かすみのある”と言われれば…
ストレンジさんとしては醸造前に想像した理想に近いビールができた感じですね。

味、見た目、感じ方は全て人それぞれという前提があるもののこの世には色々なビールがあるという事ですね。ビアスタイルのニューイングランドIPAは濁ってジューシーというのがビアっぷる的には好みですが、IPAでも苦くないものあれば、ヴァイツェンでも重いのと軽いのがあると一緒でニューイングランドIPAだからと言って濁ってるのが当たり前ではないという事も十分理解できる。
が、前回飲んだ「Cape Cod’s Fog」、

ストレンジブルーイング(Cape Cod’s Fog)1

と比べIBUとアルコール度数が一緒に対して、色見が全く違うし、味もかなり変わってたのだがここまで変わってくると大きくレシピを変えての醸造なのか??それとも単に醸造が不安定なのか…?と、疑問に感じてしまうが実際はどうなんでしょうね?(^^;)

まぁ、バックボーンがしっかりされてるあのストレンジブルーイングさんだけに、再度ニューイングランドIPAの新バッチが出た際にはもう一度だけ飲んでみようと思ってます。それでダメならビアっぷるの舌には多分このニューイングランドIPAスタイルが合わないんだろうな…(^^;)

はい、今回は『ストレンジブルーイング』さんから「Cape Cod’s Fog New England IPA(ケイプ コッズ フォグ ニューイングランドIPA)」を紹介しました。
皆さんもストレンジブルーイングさんのニューイングランドIPAを飲んでみてはいかがでしょうか。どんな感想か、非常に興味のあるビールでした。

最後に『ビアナビ』では最新のビール情報やイベント情報、ブルワリー情報など紹介してます。もしご興味があれば是非他にも見て下さいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールそのものが嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. Be Easy Brewing(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、青森県は弘前市にある『Be Eas…
  2. 常陸野ネストビール(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、もうクラフトビール業界では有名過ぎ…
  3. 秩父麦酒(ロゴ2)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は埼玉県は秩父市にある『秩父麦酒…
  4. 浜松クラフトビアフェス2019 in ソラモ(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。  はい、今回で第2回目となる『浜松…
  5. T.Y.HARBOR BREWERY(ティー・ワイ・ハーバー・ブルワリー)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、東京都品川区にある『T.Y.HAR…
ページ上部へ戻る