東京・東村山市にある「DISTANT SHORES BREWING(ディスタント・ショアーズ・ブルーイング)」のW-IPAを樽で飲みました~

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、2017年の11月かな?新たに醸造所が誕生した、
DISTANT SHORES BREWING(ディスタント・ショアーズ・ブルーイング)さんの
W-IPAを樽で飲んでみました~

因みにディスタント・ショアーズ・ブルーイングさんですが、
Ashikawa Brewery Systemsというシステム会社と、
浅草にあるCampion Aleカンピオンエール)さんと代々木にあるYYGの
3社共同で立ち上げたブルワリーさんですね。

ビール名:W-IPA
ブルワリー名:DISTANT SHORES BREWING
アルコール度数:7.0%
IBU:70

はい、こちらのブルワリーさんですが、
イングリッシュスタイルを主としたビールを醸造する感じですので、
カンピオンエールさんが苦手(イングリッシュスタイルが苦手)なビアっぷるは、
おそらく苦手と思うが、せっかくの機会なので飲んでみました^^;

こちらがそのディスタントショアーズさんのW-IPAですね。

色はやや褐色系でよくあるW-IPAの色ですね。
香りはそこまでホップホップしてない感じでどちらかというと弱め。
味ですが…いや、苦い。口に入れた瞬間凄く苦いと感じましたし、
飲み込んだ後も更に倍増して苦いがスッキリはしてるかな。
ビアっぷるが苦手なイングリッシュスタイル且つ、
苦手なIPAという事で拍車がかかって好みではなかったが、
これはノースのIPAとかを好む方は好きそうだなぁ…と、
勝手にIPA苦手なビアっぷるが思いました^^;

何となくわかってても「飲んでみないとわからない」という事と、
「W-IPA」という事から手を出してみましたがやはり苦手だったwww
とはいえ、やはり実績があるブルワリーさんが2社も共同で入ってるだけに、
クラフトビールと言えるちゃんとしたクラフトビールとは思いました。

しかし「W-IPA」にも色々とありますね。
ビアっぷるはW-IPAがあるとどのブルワリーさんでも必ず飲んでみます。
というのも、W-IPAではズバ抜けて箕面さんのが好みです。
IPAが苦手なビアっぷるがこのW-IPAに関しては、
「甘味」を感じるので非常に好みなのです。
他のブルワリーさんではどちらかというと苦味が多く出る傾向で、
箕面さんの様な甘味も出してるW-IPAは少ないですね。

はい、その箕面さんのW-IPAと真逆を感じた、
ディスタントショアーズさんのW-IPAですが、
一緒に飲んだビア仲間は「この苦味がいいのに」…と^^;
人の好みってホント面白いですね~

皆さんも機会があればイングリッシュペールエール、アメリカンウィート、
インペリアルスタウト、IPAもある様なので是非、
ディスタントショアーズさんのビールを飲んでみてくださいね~

今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールそのものが嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ろまんちっく村(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は宇都宮市にある『ろまんちっ…
  2. WEST COAST BREWING(ウエストコーストブルーイング)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県静岡市の用宗にある『West…
  3. 奈良醸造(ロゴ3)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、奈良県奈良市にある『NARA BR…
  4. Barbaric Works(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログではAJBさんとのコラボ…
  5. COEDO BREWERY(コエドブルワリー) ロゴ1
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログでは初登場となりますがク…
ページ上部へ戻る