長野県の南信州ビールが醸造するフルーツビール「アップルホップ(王林)」を樽で飲みました~

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

長野県で有名な南信州ビールさんが醸造する限定醸造ではない定番ビール、
アップルホップの王林バージョンがビアバーで繋がってたので、
もちろん樽生で飲んできました~

ビール名:アップルホップ(王林バージョン)
スタイル:フルーツビール
ブルワリー:南信州ビール
アルコール度数:6.5%

という事で、アップルホップの紹介は初ですね。
この南信州さんのアップルホップは昔から定番で醸造されており、
リンゴの種類により当然ながら味が違うという、
非常に面白いフルーツビールです。

先ずは画像はこちらです。

見た目は黄色味がかっており綺麗な色ですね~
はい、そして飲んでみましたが…

先ず香りはリンゴのジューシーで芳醇な香りが広がり、
正に名の通りアップルホップ=リンゴのビール!と思えますね。

味ですが、飲むと口の中でリンゴのジューシーな感じが残り、
鼻から抜けるリンゴ感がまたたまらない。
また、酸味がやや強めではあるが甘味もほのかにあり、
ビアっぷるはこの王林バージョンが一番好みなのです^^;

毎度この王林を飲んで素晴らしく思うのは、
6年ほど前から飲んでるが「味が変わらない」ところ。
大手ビールさんの様に機会を主で醸造する訳ではないのに
常にこの安定感はなかなかできる事ではない。
また、リンゴの王林もその年により甘味や酸味が変動する中で、
この安定感はさすが南信州ビールさんと思える一品です。

ビアっぷるが飲んだ事がある南信州さんのアップルホップですが、
・シナノスイート
・紅玉
・ふじ
・りんご三兄弟
・ジョナゴールド
・つがる
の6種類でしょうか。
各々リンゴで味が違うので非常に面白いですが、
人気は「ふじ」と「王林」が人気でしたね。
近年「王林」をあまり見なかったのですがどうやら不作や、
量が足りないという事から醸造ができなかったという噂も聞きました。

その代わり、シナノスイート、シナノゴールドをよくみかけた気がするが
これには手を出さないビアっぷる。あくまでも王林が一番好みですので、
ジッとそこは繋がるのを待つという感じ。

2番目に好みだったのが「りんご3兄弟」、これですね、
今醸造してればどのりんごを使ってるのかわかりませんが、
当時ビアっぷるが飲んだ時は、「シナノスイート&シナノゴールド&秋映」
という3種類のリンゴをブレンドして造られたビールだったかな?
バランスが凄く取れており酸味もあり甘味もああった絶妙なブレンド感。

南信州さんのアップルホップは完成の域を越えてるレベルと思ってます。
久しぶりの王林が飲めたので嬉しかったですが、
今後も変わらずこの味を残していって欲しいですね!

そんなこんなで今回はフルーツビールのアップルホップ(王林)でした。
皆さんも機会があれば是非このアップルホップを飲んでみてください。
リンゴによりこんなに味が違うんだ!?と感動すると思います^^

今回はここまで、それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約7年
好きなスタイル:ピルスナー
苦手なスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、
全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーでも飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールは嫌いでした。
が、クラフトビールに出会い、
強烈な衝撃を受け一気にハマりました。
基本的に樽でしか飲まず、缶・ボトルは…好みません。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが、
1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、
ブログでお伝えできればと思っています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. こんばんは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今週末は栃木県のブルワリーさんが集まる…
  2. こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、 北海道の千歳市にある『北海道ビール…
  3. こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、 ビア仲間よりプレゼントして頂いた …
  4. こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、 北海道の江別市にある『ノースアイラ…
  5. こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、2018年5月15日(火)に発売されま…
ページ上部へ戻る