【長野】南信州ビール:フルーツビール「アップルホップ(王林ver.)」を樽で飲みました~

南信州ビール(ロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、長野県で有名な南信州ビールさんが醸造する限定醸造ではない定番ビール、「アップルホップ」の中でも“王林バージョン”がビアバーさんで繋がってたのでご紹介したいと思います。ビアっぷる的にはやはりこの“王林(おうりん)”が一番好みです( ´∀`)

ビール名:アップルホップ(王林ver.)
ビアスタイル:フルーツビール
ブルワリー:南信州ビール
アルコール度数:6.5%
URL:南信州ビール
facebook:南信州ビール
※定番ビールですが限定醸造カテゴリに入れます

という事で、アップルホップの紹介は初ですね。この南信州さんのアップルホップは昔から定番で醸造されており、リンゴの種類により当然ながら味が違うという、非常に面白いフルーツビールです。

先ずは画像はこちらです。

見た目は黄色味がかっており綺麗な色ですね~
はい、そして飲んでみましたが…先ず香りはリンゴのジューシーで芳醇な香りが広がり、正に名の通りアップルホップ=リンゴのビール!と思えますね。

味ですが、飲むと口の中でリンゴのジューシーな感じが残り、鼻から抜けるリンゴ感がまたたまらない。また、酸味がやや強めではあるがリンゴの甘味もほのかにあり、ビアっぷるはこの王林バージョンが一番好みなのです^^;

6年程前から飲んでるこの王林ですが、飲んで素晴らしく思うのは良い意味で「味が変わらない」という点。大手ビールさんの様に機械を主で醸造する訳ではないのにも関わらず常にこの安定感はなかなかできる事ではないと思ってます。また、リンゴの王林もその年により甘味や酸味が変動する中で、この安定感を維持できるのもさすが南信州ビールさんと思える一品ですね。

因みにビアっぷるが飲んだ事がある南信州さんのアップルホップ種別ですが、
・シナノスイート
・紅玉
・ふじ
・りんご三兄弟
・ジョナゴールド
・つがる
の6種類でしょうか。各々リンゴで味が当然違うので非常に面白いのですが、人気は『ふじ』 と「王林」ですね。近年「王林」をあまり見なかったのですが、どうやら不作や、量が足りないという事から醸造ができなかったという噂も聞きました。その代わり『シナノスイート』や『シナノゴールド』をよくみかけた気がするが、これには酸味が強めで甘さが控えめ過ぎるという感じなのでほとんど手を出さないビアっぷる。また『ふじ』は収穫量も多いのかかなりの確率で飲める状況と思いますが、ビール自体のどっしりな感が強めで飲み飽きがきてしまう。。。となると、やはり王林が酸味とのバランスが絶妙で飲みやすくドリンカビリティな感じで何杯でも飲めるビールですね。

2番目に好みだったのが「りんご3兄弟」。これですね、今醸造してればどのりんごを使ってるのかわかりませんが当時ビアっぷるが飲んだ時は、「シナノスイート&シナノゴールド&秋映」という3種類のリンゴをブレンドして造られたビールだったかな?3つのリンゴの良さを最大限引き出した感じでバランスが凄く取れており、酸味と甘味もある絶妙なブレンド感。これは限定醸造的な感じで出てましたのでなかなか飲めないかもですが是非飲んでみてほしい。と、南信州さんのアップルホップは完成の域を越えてる高レベルのクラフトビールと思ってます。久しぶりの王林が飲めたので嬉しかったですが、今後も変わらずこの味を残していって欲しいですね!

そんなこんなで今回はフルーツビールのアップルホップ(王林ver.) をご紹介しました。皆さんも機会があれば是非このアップルホップを飲んでみてください。リンゴによりこんなに味が違うんだ!?と感動すると思いますよ~^^

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベント等を紹介しています。 そして毎日更新しているのでツイッターでもいち早く確認できます。 ビールの感想に関しては舌は十人十色です。自身の舌で確認してくさいね! また、人気ブログランキングにて、クリックしてサイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、 “応援クリック”になり非常に助かります!ので、良ければご協力お願いします♪♪

今回はここまで、それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約9年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手さんのビールが苦手でビールそのものも嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは基本的に好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに、全世界のビールファンが1人でも多く日本国内のクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 反射炉ビヤ ロゴ2
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県伊豆の国市にある『反射炉ビヤ…
  2. ろまんちっく村(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は宇都宮市にある『ろまんちっ…
  3. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、神奈川県は鎌倉市にある『Yoroc…
  4. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 待ってましたよ…今年も販売して頂けますかサ…
  5. タカシヤマクラフトビール祭り2019(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 さて、今回はもう来週に迫った感じですがビア…
ページ上部へ戻る