『UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)』の「VENUS ALE(ヴィーナスエール)」を樽で飲みました~

UCHUBREWING ロゴ

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、山梨県の『UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)』さんより、
「VENUS ALE(ヴィーナスエール)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。
ビアっぷるが苦手と思っているサワーエールですね…心して飲みました><

ビール名:VENUS ALE(ヴィーナスエール)
ブルワリー名:UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)
スタイル:サワーエール
アルコール度数:4.0%
URL:UCHU BREWING(宇宙ブルーイング)
facebook:UCHU BREWING(宇宙ブルーイング)

それでは「VENUS ALE(ヴィーナスエール)」のビール画像はコチラです。
うちゅうブルーイング(VENUS ALE)
見た目は画像が暗いのですが濁りがあるピンクがかった色味ですね。
香りは、想像以上にイチゴ感が強いのは良いがサワーエールだけに酸味も強めかな。
飲み口もしっかりイチゴが出ており僅かにですがブルーベリーを感じました。
また、飲み込んだ後ですがホップは少々感じるものの酸味がかなり残るので酸っぱい。
甘味はないが軽いビールでフルーティでバランスも良いと思うが、
酸味がもう少し抑えめだったら…とは言ううもののサワーエールですからね。
サワーエールが苦手なビアっぷるにはちょっと厳しいビールでした(>_<)

はい、この「VENUS ALE(ヴィーナスエール)」ですが
うちゅうブルーイングさんのコメントはなかなかな宇宙的なコメントでして、
『五次元フルーツの謎が隠された金星、そして愛と美の象徴。
ヴィーナスをイメージした地球食に合わせやすいフルーツサワーエール』
と、ごめんないさい…なかなか理解ができないのでサイトから補足的な部分では、
軽くて爽やかで口の中がリフレッシュする様に造られた様です。
そして八ヶ岳産のイチゴとブルーベリーにローズヒップやバニラビーンズでバランスを整えた感じ。
アルコール度数が4.0%と低めで飲みやすく、ドライで強めの炭酸。
そして優しい酸味とフルーツフレーバーが特徴だそうです。
また、以前にこのビールをイベントで出した様ですがその時とは違った感じの様ですね(@_@)

と、サイトを見てましたが『UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)』さんのビール画像がいいですね~
一例でこれは「STARDUST(スターダスト)」の画像ですが、
うちゅうブルーイング(STARDUST)
ボトルとグラスの間隔、また背景のボカし感と色味ラベルがしっかりと映えてバランスが取れてます。
シンプルさに拘りを感じる画像で凄くビアっぷるはかなり好み♪
京都醸造さんのビール画像とはまた違った魅力がありますね(´ー`)
ブルワリーさんがビール以外のところにも力を入れる事は企業としても凄く大切だと思ってるビアっぷるでしたwww

はい、という事で今回は『UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)』さんより、
「VENUS ALE(ヴィーナスエール)」を紹介しました。
以前に飲んだ方は変化を、初めての方は機会があれば是非飲んでみて下さいね~

最後に『ビアナビ』には他にも最新のビール情報やイベント情報、
ブルワリー情報など紹介してますので宜しければ他にも見て下さいね~

今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る