【東京】インクホーンブルーイング:「メジロ」を樽で飲んでみました~

インクホーンブルーイング(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、東京都は豊島区目白にある『Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)』さんから、「Mejiro(メジロ)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回初ご紹介は『Goldfinch(ゴールドフィンチ)』のウエストコーストIPA?な感じでしいたが、今回は待望のヘイジーIPA。さて、どんな感じでしょうか😄

インクホーンブルーイング(トップイメージ)_01

『Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)』Mejiro(メジロ) 詳細

ビール名:Mejiro(メジロ)
ブルワリー:Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)
ビアスタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:6.7%
IBU:???
URL:Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)
facebook:Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)

こちらがその「Mejiro(メジロ)」のビール画像です。

インクホーンブルーイング(メジロ)_01

Mejiro(メジロ)」飲み応えレビュー

見た目は、鮮やかな濁りのあるオレンジ黄色という感じかな
香りは、かなりダンクな感じが強めで気になる…
飲み口は、ホップの苦味はややあり持続性も舌奥での残るという感じでしょうか。また求めてる甘さはない。そしてシトラスさをも少し感じるがダンクなホップフレーバーが強調されて、ホップの苦味が残る。甘さはなく、ジューシーさやヘイジー感があまり感じれない印象。ボディはミディアムでやや水っぽいのも気になりパイントが飲み進まない…残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

ダンクで苦味のあるヘイジーIPA…

この「Mejiro(メジロ)」ですが、ホップはシトラとシトラのインコグニート、そしてアイダホ7のクライオの3種類かな?。原材料はちょっとわからずですが、酵母にはWCBさんでも登場の“ヴァーダント酵母”を使い醸造されたヘイジーIPAとの事。ホップのダンクな感じとホップの苦味が強調されたヘイジーで、ジューシーさが物足りないのと欲しい甘さも感じれなかったので残念😵。公式サイトには、『インコグニートをかなり使用したためホップがしっかりめで、苦味はヘイジーながら強め』との事で、そこは正にその通りでした✨。ただ『ジューシーさが強め』との事でしたが…感じ方は人それぞれも、ほぼ感じれなかったのはビアっぷるだけしょうか?🙄。まぁ、WCBさん等の濃いヘイジーを好むのでジューシーさの度合いが感じれなくなってるのでは!?と言われ兼ねないが、複数のビア仲間とも同じビール🍺を飲んで頻度高く確認し合います。そして出来る限り冷静に、且つ素直にレビューはお伝えしてるつもりですが、好みと感じ方は人それぞれという事でご了承下さい😅。ただ、

インクホーンブルーイング(メジロ)_イメージ01

このビール画像を見た瞬間飲みたい!とそそられたほど綺麗な画像ですが…申し訳ないが飲ませてもらったビール画像と比べ修正してるでしょ!?と疑うも、信頼あるビア仲間から“修正をしてない画像の様です”との事…ならば尚更素晴らしいし、前回もお伝えした内装・外装・ロゴ等など“大人なセンス”はビアっぷるの好みな感じ。勝手ながら今後も画像を気にかけ、ビアっぷるが好みなビール🍺が見つかるのを期待したいと思うビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は東京都は豊島区目白にある『Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)』さんから、「Mejiro(メジロ)」をご紹介しました。ジューシーさが弱いが苦味のある軽いヘイジーIPA。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る