【神奈川】バーバリックワークス:「Dope(ドープ)」を樽で飲みましたよ~

バーバリックワークス(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、神奈川県は茅ヶ崎市にある『Barbaric Works(バーバリックワークス)』さんから、「Dope(ドープ)」を樽(ドラフト)で飲みましたので紹介したいと思います。因みに今年の4月に飲ませてもらった『SpinOff(スピンオフ)』以来ですが、今回はヘイジーIPAでしたので楽しみです😄

バーバリックワークス(イメージ03)

『Barbaric Works(バーバリックワークス)』Dope(ドープ) 詳細

ビール名:Dope(ドープ)
ブルワリー:Barbaric Works(バーバリックワークス)
ビアスタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:6.0%
IBU:???
facebook:Barbaric Works(バーバリックワークス)

コチラがその「Dope(ドープ)」のビール画像です。

バーバリックワークス(ドープ/2021)_01

Dope(ドープ)」飲み応えレビュー

見た目は、ニゴニゴの明るめな黄色という感じでしょうか
香りは、癖のあるホップ感だが良い意味で複雑さを感じる
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性は温度が上がると喉奥で優しく残るかな。また求めてる甘さはない。そしてややマンゴーを思わせるトロピカルさもやや感じるが、独特さに感じるホップフレーバーが苦手。また、ヘイジーながらジューシーさはほぼ感じれない。飲み後の温度が上がって甘やかな味、そしてボディは色味に対してライトでスイスイ飲めるのは好ポイント。アルコール度数6.0%もあってか欲しい飲み応えも弱く、残念ながら好みではありませんでした💦

今回のビール詳細が…

この「Dope(ドープ)」ですが、ホップはストラータを使ってる様です。が、バーバリックさんの公式facebookを見てもビール以外の事が大半で、原材料等のビール詳細が残念ながらどこにも見当たらないのでこのビールの話は残念ながらここまでとなります😅。うーん、冒頭にて以前飲ませてもらった“スピンオフ”がビアっぷるは好みな方でしたが、やっぱり特に興味を持ったビールの詳細は知りたい。一応オンラインショップを覗かせて頂くと、他のセットになったビールの詳細はあれど今回のビール詳細は今の今現在現在なかった(後に表示されたらすいません…)。そのサイトで気になったのが、サイト上部にグラス→キャップやグッズ→ビールで肝心なクラフトビールが上部ではなく下部に表示されてるのは何やら意図があるのだろうか?もちろんグッズの収入も大切ですが、クラフトビール屋さんというよりはグッズ屋さんに見えてしまった😅。ただ、もう樽(ドラフト)が飲める以上缶やボトルを購入する事も稀になる中で、ビール説明があれば最高でしたがバーバリックさんのビールを飲めてよかった✨。また気になるビアスタイルがあれば、ちゃんとビール説明を探してあれば、改めて飲ませてもらいたいと思うビアっぷるです😄

はい、という事で今回は神奈川県は茅ヶ崎市にある『Barbaric Works(バーバリックワークス)』さんから、「Dope(ドープ)」をご紹介しました。かなり飲みやすいヘイジーでやや甘やか。皆さんももし機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る