Be Easy Brewing:限定醸造の「がちゃめぎ Double Orange Vanilla Shake IPA」を樽で飲んでみました~

Be Easy Brewing(ロゴ1)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、青森県は弘前市にある『Be Easy Brewing(ビーイージーブルーイング)』さんの限定醸造、「がちゃめぎ Double Orange Vanilla Shake IPA」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。いやぁ、Be Easy Brewingさんのビールはあまり飲まないのですが、良い意味で騙されたと思って飲んではみたものの…かなり衝撃的なビールでビックリしましたよ~!^^;

ビール名:がちゃめぎ Double Orange Vanilla Shake IPA
ブルワリー名:Be Easy Brewing(ビーイージーブルーイング)
スタイル:シェイクIPA
アルコール度数:8.3%
IBU:???
URL:Be Easy Brewing(ビーイージーブルーイング)
facebook:Be Easy Brewing(ビーイージーブルーイング)

コチラがその「がちゃめぎ Double Orange Vanilla Shake IPA」のビール画像です。

Be Easy Brewing(がちゃめぎ Double Orange Vanilla Shake IPA)

見た目は、見た目も正にオレンジジュースの様なオレンジ色。
香りは、ホップ感は少なく、オレンジ感が控えめだったかな。
飲み口は、みかんの酸味と喉に残る苦味(柑橘のエグみ?)が気になるが、みかんの香りといい味といいもうオレンジジュースの様な感じで凄く飲みやすい!ボディはミディアム寄りのライトでアルコール度数8.3%がここまで消えるの!?と疑う程、不思議でアルコール感を感じない。温度が上がるとみかんがより出てくるのは良いが、いかんせんラクトースを入れたとの事だが、ビアっぷるには求めてる甘さがほとんどない。ビアっぷるは好み!とまではいかないが、好みな方でした^^;

えっと、この「がちゃめぎ Double Orange Vanilla Shake IPA」ですが、国産のみかんと海外産のオレンジで2種類ピューレを多く使いバニラビーンズとラクトースを更に加え醸造されたビール。Be easyさんのコメントにも、“それぞれのもつ甘さや酸味、ジューシーさをいかし、まろやかな食感と、バニラの風味、おれんじの爽やかさが融合した一品”と、かなり好んでるビールという想いが伝わりますね~。ビアっぷるにはどうしても求めてる甘さが足りなかったのは残念でしたが、ビールそのもののバランスも素晴らしく、このアルコール度数でこのアルコール感のなさ…下手したらビール?更にはアルコール入ってる?という程、ある種危険なビールでした。非常に興味深いビールでもありましたし、あまりにも不思議なビールでまだまだ新たな発見はあるのだなぁ~と再認識もしました。また、機会があれば確認の意味も込めてこのビールは飲みたいですね!( ´∀`)

はい、という事で今回は青森県は弘前市にある『Be Easy Brewing(ビーイージーブルーイング)』さんの限定醸造、「がちゃめぎ Double Orange Vanilla Shake IPA」をご紹介しました。色んな意味で興味のあるビールで皆さんも機会があれば是非、飲んでみて欲しいですね!

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る