【岐阜】Camado Brewery:「C-001 -BRUT IPA-」をボトルで飲みました~

カマドブリュワリー(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、岐阜県は瑞浪市である「Camado Brewery(カマドブリュワリー)」さんより、「C-001 -BRUT IPA-」をボトルで飲みましたのでご紹介したいと思います。前回の樽(ドラフト)で飲んだ『Camadness Stout(カマドネススタウト)/窒素ver.』はかなり好みでしたが、今回はあのレジェンドが醸造されたブリュットIPA。かなり期待してしまいますが、どんな感じでしょうか😄

カマドブリュワリー(C-001 -BRUT IPA-)_イメージ01

「Camado Brewery(カマドブリュワリー)」C-001 -BRUT IPA- 詳細

ビール名:C-001 -BRUT IPA-
ブルワリー名:Camado Brewery(カマドブリュワリー)
ビアスタイル:ブリュットIPA
アルコール度数:8.5%
IBU:???
URL:Camado Brewery(カマドブリュワリー)
facebook:Camado Brewery(カマドブリュワリー)

それでは「C-001 -BRUT IPA-」のビール画像はコチラです。

カマドブリュワリー(C-001 -BRUT IPA-)_ボトル01
カマドブリュワリー(C-001 -BRUT IPA-)_ボトル02

C-001 -BRUT IPA-」飲み応えレビュー

見た目は、ややクリアなブラウン寄りという感じでしょうか
香りは、フラワリーさがちょっと強めに感じるかな
飲み口は、ホップの苦味はやや残り持続性も喉奥でジワジワ残る印象。また、フラワリーさが俄然強めで白ワインの様なドライさと上品さがマッチした印象を受けた。ビアスタイル的に飲み後には甘さがないのは仕方ないが、喉奥で苦味がジワジワ残り、アルコール度数8.5%には思えない飲みやすさ。ボディはライトで飲み応えも感じるのだが、このフラワリーさが強すぎる感じで、残念ながら好みではありませんでした💦

フラワリーで上品だが…

この「C-001 -BRUT IPA-」ですがホップはTalus(タラス)のみ?を使い、原材料には何かは記載がない糖類とエルダーフラワーを使って醸造されたブリュットIPA。🍺自体は相変わらず完成度が高く、安心して飲めるのは強みだがいかんせんフラワリー感が強すぎる印象を受けたかな💦。ここからはビアっぷるの希望だったが、正直ブリュットIPAを醸造して頂けて嬉しい反面、勝手ながら日本では流行りにくく且つ非常に個性を出しにくいビアスタイルだからこそレジェンドならどんな感じで醸造されるのか気になってはいたが…よもやのフラワリー感😅。個性が出にくい分、フラワリーさとワイン酵母で上品さを演出されたのかな?とも思うが、糖度もなく需要は極めて少ないのは百も承知だがもっとシンプルなブリュットIPAを飲んでみたいなぁ~。そして当然樽(ドラフト)でこそ飲んでみたいが、また新たなブリュットIPAがリリースされたらそれはそれで是非飲んでみたいと思うビアっぷるでした😄。

はい、という事で今回は岐阜県は瑞浪市にある「Camado Brewery(カマドブリュワリー)」さんから、限定醸造の「C-001 -BRUT IPA-」を紹介しました。相変わらず人気のブルワリーさんですがフラワリーで上品なブリュットIPA、皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね。そして最後に休業要請で樽(ドラフト)飲める環境がほぼ無く、最近や今後はボトルや缶のご紹介が致し方なく増える旨をご理解頂けますと幸いです。

ではでは、今回はここまで

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る