【岐阜】Camado Brewery:「Camadness Stout(カマドネススタウト)」を樽で飲みました~

カマドブリュワリー(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、以前より気になってるとお伝えしていたブルワリーさんのビールをようやく樽で飲めました~🍺✨👀。このブログで初登場となりますが、岐阜県は瑞浪市にある『Camado Brewery(カマドブリュワリー)』さんより、限定醸造でハイアルコール第一弾の「Camadness Stout(カマドネススタウト)/窒素ver.」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。また、レジェンドが醸造する樽のファーストビールはインペリアルスタウトとなり凄く嬉しいです😄

カマドブリュワリー(カマドネススタウト)_イメージ01

『Camado Brewery(カマドブリュワリー)』Camadness Stout(カマドネススタウト)/窒素ver. 詳細

ビール名:Camadness Stout(カマドネススタウト)/窒素ver.
ブルワリー名:Camado Brewery(カマドブリュワリー)
ビアスタイル:インペリアルスタウト
アルコール度数:9.0%
IBU:???
URL:Camado Brewery(カマドブリュワリー)
facebook:Camado Brewery(カマドブリュワリー)

それでは「Camadness Stout(カマドネススタウト)/窒素ver.」のビール画像はコチラです。

 カマドブリュワリー(カマドネススタウト/ファーストバッチ)_01

Camadness Stout(カマドネススタウト)/窒素ver.」飲み応えレビュー

見た目は、当たり前だろうが真っ黒で透け感はなく泡はクリーミー
香りは、微かな酸味とか顔の風味が柔らかく且つしっかりで心地よい
飲み口は、ホップの苦味&ローストの苦味も含めてかなり控えめで、コチラも共に持続性はさほど感じれないかな。また、求めてる甘さがある。そしてカカオフレーバーの後にロースト香がスーッと優しく落ち着く。後味に優しい微な酸味とモルトの甘さを感じながら、カカオ感が絶妙な余韻で残るのも素晴らしい。ボディはミディアムだが、決して重すぎずそして軽すぎず口当たりも絶妙なトロみとボディ感。アルコール度数9%を感じさせない飲みやすさで、飲み応えもあり好みな方のビールでした✨😄

ホップ等の詳細がないのが寂しい…

この「Camadness Stout(カマドネススタウト)/窒素ver.」ですが、ホップ等の詳細がどこにも記載がないのが本当に残念。まぁ、新規開業でいきなりリリースすれば即完売が続く状況であれば、詳細などを記載してる暇もないと思われますが、新たに公式サイトも出来上がった事ですし、販売情報だけではなく詳細も記載してもらえると嬉しいなぁ~と我儘言ってみました💦。という事でビール詳細はここまでとなりますので、何か別の事を…

レジェンドならビアっぷるが飲むファースト樽ビールがインペリアルスタウトで良かった…という話をします😅。カマドさんで今までリリースされたのが、
・Camadness Stout(カマドネススタウト)/インペリアルスタウト 9.0%
・Anky Lager(あんきーラガー)/ラガー 5.5%
・Kasagi Yuzz Haze -KYH IPA-(笠置ゆずヘイズ)/ゆずヘイジーIPA 6.5%
・Kan&Co.IPA(かんこうIPA)/IPA 6.0%
・Fond de White(ほんでホワイト)/ベルジャンホワイト 5.0%
・Yatto Came Ale(やっとかめエール)/ペールエール 5.0%

こんな感じでしょうか?(抜けてたらすいません💦)。当初はファーストバッチという事でビアっぷるも絶対に飲みたいと思い、場所が遠いながらも樽で飲める箇所もあったが…ビアスタイル的にペールエールという事もあり断念。そこから時が過ぎ、ビア仲間のご好意で“Fond de White(ほんでホワイト)”のボトルで飲める機会があり、

カマドブリュワリー(ほんでホワイト)_イメージ01
カマドブリュワリー(ほんでホワイト/ファーストバッチ)_ボトル01

シェアですが飲ませて頂きました。ベルジャン風味で香りはかなり良くも、ボディは軽く水っぽく感じて好みではありませんでした。が、やはり樽(ドラフト)を飲むまでは判断はしたくないビアっぷる。その間に色々とリリースされましたが、飲めるタイミングはないままついにあのレジェンドが醸造するインペリアルスタウトがリリース。この業界でレジェンドと言えば…知る人ぞ知るインペリアルスタウトとバーレーワインでしょうというイメージが強い方も多いはず。そのインペリアルスタウトがファースト樽ビールで偶然にも飲める環境が今回。このインペリアルスタウトが好みじゃなかったら全体的に合わないだろうと踏んでましたが…さすがです。人の舌は十人十色を前提ですがお世辞抜きに開口一番『甘い!(大人の甘さ)』、そして『重すぎず軽すぎず絶妙な全体的バランス』と思いました。ただ敢えてレビューでは“好みな方”と書きましたが、インペリアルスタウトとして初仕込みで、この先は更にパワーアップされていくはずなので期待値の意味も含んだ言葉。このレジェンドならきっと更に素晴らしいインペリアルスタウトができるはず✨。気が早いが2バッチ目のインペリアルスタウトが非常に楽しみにしていますし、あまりにも人気なので樽で飲める事を願うばかり。そしてヘイジーIPAやあんきーラガー等、他のビアスタイルも樽で飲みたいと思うビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は岐阜県は瑞浪市にある『Camado Brewery(カマドブリュワリー)』さんから、限定醸造の「Camadness Stout(カマドネススタウト)/窒素ver.」を紹介しました。今や大人気でどのビアスタイルでも完売のブルワリーさん。窒素ver.は中々飲めないと思いますが、通常のインペリアルスタウトを皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る