【埼玉】秩父麦酒(ちちぶびーる):「波乗りくまV(ヴィックシークレット、ウォリアー、モザイクver.)」を樽で飲みました~

秩父麦酒(ロゴ2)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回は埼玉県は秩父市にある『秩父麦酒(ちちぶびーる)』さんから、「波乗りくまV(ヴィックシークレット、ウォリアー、モザイクver.)」をご紹介したいと思います。先日の“けやき”にも出店されてましたし、今勢いのあるブルワリーさんと思ってます。今回は、ホップの関係上多分苦手だろう…と思いながら、熊さんの画の方も楽しみになってるなビアっぷるです( ´∀`)

ビール名:波乗りくまV(ヴィックシークレット、ウォリアー、モザイクver.)
ブルワリー:秩父麦酒(ちちぶびーる)
スタイル:ウエストコーストIPA
アルコール度数:7.0%
IBU:24
URL:秩父表参道Lab.
facebook:秩父麦酒(ちちぶびーる)

コチラがその「波乗りくまV(ヴィックシークレット、ウォリアー、モザイクver.)」のビール画像です。

秩父麦酒(波乗りくまV(ヴィックシークレット、ウォリアー、モザイクver.))

見た目は、凄くクリアでキレイな黄金色ですね。
香りは、ホップの香りが華やかで思ったより苦手ではない。
飲み口は、ホップの苦味が舌奥で残るが喉奥ではあまり残らない感じで消えますね。求めてる甘さは求めてはダメと思ってはいるがやはり“ない”。ボディはかなりドライライトではあち、アルコール度数7%もありながら予想外に進まない…ええ、やはりモザイクホップさんが出ていますのでwww。他のホップからひょっとしたら飲めるかも!?と思ったが…、残念ながら全く好みではありませんでした^^;

はい、この「波乗りくまV(ヴィックシークレット、ウォリアー、モザイクver.)」ですが、見ての通りホップはヴィックシークレット、ウォリアー、モザイクだそうですね。毎度このビールはホップの種類を変えて登場しているビールですが、
どちらかというと苦味を残す感じですので、なかなかビアっぷるの好みに出会うのは確率的に低いのはわかってますが、“飲んでみないとわからない”という事でトライをしていますが厳しかった…(^_^;)。それでも今や大人気と言ってもいい秩父麦酒さんですからね、ビアっぷる的には好みが少なく申し訳なく思いますが、こういうビールを造られるのか。と、知っておきたいのもありますから今後も苦手そうなビールでも飲める機会があれば飲ませて頂きたいと思っております。

そして、恒例の…「 波乗りくまV(ヴィックシークレット、ウォリアー、モザイクver.) 」の画です!

秩父麦酒(波乗りくまV)_イメージ1

じゃ~ん。おおおおっと、今回はヒョウ柄の着ぐるみ!?をまとったクマさんが波乗りをしています。しかーも、少しクマさん少しぽちゃってませんか!?ってこれがまたいいですね~♪ホント可愛い…良い意味で反則です。あ、反則ですwww。先日の“けやき”で除きましたが、女性客から“くまさん可愛い”とか声が聞こえるだけでも新規のお客さんや初のクラフトビールを飲むお客さんに対しては抜群のブランディングで、しっかり確率されてると感じましたし大成功だと思ってます。その後はビールは好みですので1人でも多く飲んでもらって確率的に好みと思ってくれるファンを増やす事と間がればバッチリ。と、ええ…勝手に想像してるビアっぷるですがこの形は大賛成です!

今やどんどんマイクロブルワリーさんが立ち上がり、West Coast Brewingさんは別として…、ビールはそこまでマイクロの中で差別化を図る上ではかなり難しい状況だと思ってます。ましてや受け身で待ってるだけのブルワリーさんは特に厳しい状況で、ブルワリーさん自らアプローチをしないとビールは売れにくい状況だと思います。京都醸造さんの様に外国人が醸造しつつ、“日本の文化”を融合させたビール名や売り方、秩父麦酒さんの様なアニメ画を使った売り方は、マイクロブルワリーさんには特に必要不可欠な時代かな…?

余計なお話をしてしまいましたが、どんどん増えていくマイクロブルワリーさん。何か自分のところしかできない“強み”が出てくると、差別化できていいなぁ~。そして秩父麦酒さん、今後もファンをたくさん増やしてクラフトビール業界を盛り上げて下さいね~( ´∀`)

はい、今回は埼玉県は秩父市にある『秩父麦酒(ちちぶびーる)』さんから「波乗りくまV(ヴィックシークレット、ウォリアー、モザイクver.)」をご紹介しました。是非皆さんも機会があれば、是非飲んでみて下さいね!

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る