【鳥取】大山Gビール:「愛魔麦笑2(アマビエ2)」を樽で飲んでみました~

大山Gビール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、鳥取県は西伯郡にある『大山Gビール』さんより、限定醸造の「愛魔麦笑2(アマビエ2)〜NE de Sour Weiss〜」を樽で飲みましあのでご紹介したいと思います。このビールは前回『大山の香るラガー』の際に少し触れてましたが、気になっていたニューイングランドスタイルのサワーヴァイスを飲める機会があったので久しぶりの大山さん🍺ですが、どんな味か楽しみです😄

大山Gビール(愛魔麦笑2)_イメージ01

『大山Gビール』愛魔麦笑2(アマビエ2)〜NE de Sour Weiss〜 詳細

ビール名:愛魔麦笑2(アマビエ2)〜NE de Sour Weiss〜
ブルワリー:大山Gビール
ビアスタイル:ニューイングランドサワーヴァイス
アルコール度数:7.0%
IBU:12
URL:くめざくら大山ブルワリー
facebook:Daisen Brewery(大山ブルワリー)

こちらがその「愛魔麦笑2(アマビエ2)〜NE de Sour Weiss〜」のビール画像です。

大山Gビール(愛魔麦笑2)_01

愛魔麦笑2(アマビエ2)〜NE de Sour Weiss〜」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある濃いオレンジ色という感じでしょうか
香りは、ヘイジーな感じからやや酸味も少々
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性もそこまで感じれないかな。また求めてる甘さはない。そしてグレープフルーツを思わせる柑橘さのあるフレーバーからレモンの様な強みのある酸味と味、そして何か気になる味がいるが…ホップか?。後味にてヘイジーの存在は感じるが弱め。甘さはなく最後に苦みが舌奥と喉奥でやや感じる程。ボディはミディアムでグッと強めな酸味の後は。意外にも優しい酸味に変化するのは好ポイント。飲み応えもあり、ビアっぷるは好みな方のビールでした✨

レモンの様な酸味で、エグみのなさが…

この「愛魔麦笑2(アマビエ2)〜NE de Sour Weiss〜」ですが、ホップはサイトではシトラだけの様な感じですがモザイクホップさんも使われてる様ですね。また大山さんと言えばヴァイツェン!ですがそのフラッグシップのヴァイツェンで使われる麦汁を高濃度で造り、乳酸菌で発酵、ケトルでボイリングからヴァイツェン酵母で発酵した限定醸造のサワーですね。ビアコメントでは『りんごや柑橘を思わせる香り』との事ですが、りんごは感じれなかったが、好ポインロのエグみさのない酸味の強いレモンさはかなり感じた印象でした。ヘイジー感はアロマだけという感じだが、レモンの様な酸味がグッとくるミディアムなサワーを好む方にはいいかも!?。で、何か気になる味…が、ビアっぷるの苦手なモザイクホップだったのかもしれませんが許容範囲内だったのと、モザイクと認識するまでに至らなかったのが“好みな方のビール”に繋がったのかもしれませんね😅

第2弾の様ですが…?

気になったのは…5月に発売されたファーストバッチのアマビエを樽で飲める環境がなかったので飲んでないビアっぷるですが、今回はアマビエ2との事で“第2弾”とビールコメントに記載されてますが…前回の醸造内容と同じなので、再度醸造されたという意味で良いのかな(間違ってたらすいません…)?👀。てっきり5月のビールとは違うビアスタイルや製法だったのかな?と思って飲んだが、もし同じなら飲めてなかったのでコレはコレでラッキーと思うビアっぷる✨。疫病から人々を守るという妖怪「アマビエ」さんが今の環境から救ってくれるといいですね~😄

はい、という事で今回は、鳥取県は西伯郡にある『大山Gビール』さんより、「愛魔麦笑2(アマビエ2)〜NE de Sour Weiss〜」をご紹介しました。レモンの様な酸味があるNE-サワーヴァイス。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 南横浜ビール研究所(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は神奈川県横浜市にある『南横浜ビ…
  2. ウエストコーストブルーイング(ロゴ1)_NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県は静岡市にある『West C…
  3. パシフィックブリューイング(パーミット)_ロゴ01
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログで初登場となります。神奈…
ページ上部へ戻る