【東京】インクホーンブルーイング:「ゴールドフィンチ」を樽で飲んでみました~

インクホーンブルーイング(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、このブログで初登場となります。東京都は豊島区目白にある『Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)』さんから、「Goldfinch(ゴールドフィンチ)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。今年醸造開始でいきなりビアっぷるの周りでも特に“ヘイジーIPA”で話題沸騰になっているブルワリーさん。何せBRUTUS(ブルータス)さんの、8月に発売された“ビール特集”でも数々の老舗ブリワリーさんを差し置いて1Pで掲載されてただけに、勝手ながら期待値は当然上がります。さて、どんな感じでしょうか😄

インクホーンブルーイング(トップイメージ)_01

『Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)』Goldfinch(ゴールドフィンチ) 詳細

ビール名:Goldfinch(ゴールドフィンチ)
ブルワリー:Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)
ビアスタイル:ウエストコーストIPA
アルコール度数:6.5%
IBU:???
URL:Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)
facebook:Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)

こちらがその「Goldfinch(ゴールドフィンチ)」のビール画像です。

インクホーンブルーイング(ゴールドフィンチ)_01

Goldfinch(ゴールドフィンチ)」飲み応えレビュー

見た目は、ややくすみのある山吹色という感じでしょうか
香りは、柑橘さがやや強めなホップ感
飲み口は、ホップの苦味はかなり控えめで持続性もかなり弱めかな。また求めてる甘さはない。そして柑橘さのあるホップフレーバーが華やかでトロピカルな感じも。ただ、やや水っぽい感じとスタイル的にIPAというよりはペールエールの様に感じてならない。飲み後には甘さがなく、苦味はほとんど感じなかったがややグラッシーさを後味に感じる。ボディはライトでスイスイ系な感じではあるが、残念ながら飲み応えや水っぽさからビアっぷるの好みではありませんでした💦

ウエストコーストIPAというよりは…?

この「Goldfinch(ゴールドフィンチ)」ですが、ホップはアイダホ7にシトラクライオ、ギャラクシーの3種類かな。そしてモルトはピルスナーやヴィエナ等5種類で、酵母はChico Strainのみ。初めて目にした酵母名ですがそれらを使い醸造されたウエストコーストIPAとの事。うーん、ビアっぷるが苦手なビアスタイルではあるが、ウエストコーストIPA感がほとんど感じれない。もちろん感じ方は人それぞれだが、ビア仲間とも話したが“ほとんどペールエール”に近いという印象💧。まぁ、ブルワリーさんがウエストコーストIPAと言うので間違いないのですが、1Pで取り上げられてるだけに期待値も高まってしまったのも事実。ビアっぷるが唯一で、且つ過去一好みなウエストコーストIPAスタイルは、TKBrewingさんの『ALL Together(West coast IPA)』ですが、それに比べると摩訶不思議な感じでした😅。で、そのインクホーンさんですが2021年の4月に醸造免許を取得され、6月からビールの提供を開始されてる新規ブルワリーさん。それでいていきなりBRUTUS(ブルータス)さんのビール特集で1P……色んな意味で凄い。また、アチコチ調べてがどこで経験を積まれたかが“?”だったが、自社醸造前はスナークリキッドさんやTokyo Ale worksさん等とコラボビールとして提供されてた様です。そんな中で何より気になってるのが、お店の外観、内観、ロゴ、ビールの画像等など。ビアっぷるにはめちゃくちゃセンスが好みで、“高級なブルワリーさんでビールを嗜む”という言葉が凄く合うイメージ✨。ややどこかfacebookで見る限りはビール画像等はスナークリキッドさんに似てる気もしなくもないが…😅。“ヘイジーIPA”で話題を聞いてるビアっぷるだけに是非樽(ドラフト)で飲んでみたく、機会があれば実際にお邪魔してお店の雰囲気をも実感してみたいと思うビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は東京都は豊島区目白にある『Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)』さんから、「Goldfinch(ゴールドフィンチ)」をご紹介しました。飲み応えが物足りないビールでしたが…好みは人それぞれ!。ご興味がある方は是非飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る