【埼玉】麦雑穀工房:「ブレ ノワール」をボトルで飲んでみました~

麦雑穀工房(ロゴ)_01NEW

今回は、このブログで初登場となる埼玉県比企郡にある『麦雑穀工房』さんから、「Blé Noir(ブレ ノワール)」をボトルで飲みましたのでご紹介したいと思います。先日の『雑穀ヴァイツェン』に続き、特に思い入れが強いセゾン🍺を醸造されてましたので、どんな感じか興味津々です👀

麦雑穀工房(イメージ)_01

『麦雑穀工房』Blé Noir(ブレ ノワール) 詳細

ビール名:Blé Noir(ブレ ノワール)
ブルワリー名:麦雑穀工房
ビアスタイル:セゾン
アルコール度数:5.0%
IBU:???
URL:麦雑穀工房
facebook:麦雑穀工房

こちらが「Blé Noir(ブレ ノワール)」のビール画像になります。

麦雑穀工房(ブレ ノワール)_ボトル01
麦雑穀工房(ブレ ノワール)_ボトル02

Blé Noir(ブレ ノワール)」飲み応えレビュー

見た目は、薄濁りのややブラウン寄りという感じでしょうか
香りは、離れてホワイトビールからの近くで独特な風味
飲み口は、ホップの苦味はややありながら持続性も舌奥で残るかな。また、求めてる甘さはない。また蕎麦の実と小麦の混ざった感じなのか?独特なフレーバーが強く強調され、ホップフレーバーがほぼ感じれなかったかな。飲み後には甘さもなく、舌では粉っぽさに味的に土っぽさも感じれ蕎麦の余韻はほとんど感れなかった。ボディはミディアムで飲み応えもあるが、残念ながら好みではありませんでした💦

特に思い入れのある『セゾン』…

この「Blé Noir(ブレ ノワール)」ですが、因みにビール名のBlé Noir=蕎麦の実だそうです。そしてホップはわからず…で、原材料には埼玉県は三芳町産の“蕎麦の実”を使われ醸造されたセゾンビールとの事。ビールコメントには、『ほのかに蕎麦の風味が鼻に抜けるドライな飲み口に仕上げました』との事だが、ニュアンス的にそんな感じもしたが蕎麦の実は…粉っぽさは別かもしれないが、味で土っぽさを感じたので“蕎麦殻ごと使われた実かな?。非常に複雑な感じがした🍺でしたが、麦雑穀さんが特に思い入れの強いビアスタイルがこのセゾンだそうです。“セゾン”って複雑でよくわからないのがビアっぷるの本音。先日国産の珍しいセゾンをビア仲間が持ってきてくれた(後日紹介)が、これもまた独特で複雑な感じだったし…奥が深すぎて興味を持てないと中々覚えれないビアっぷる。楽しんで飲むのが一番理想だが、国外では樽(ドラフト)でもボトルでもベルギーの『セゾンデュポン』がダントツ好み✨。ただ、せっかく拘りの国産クラフトビールを飲んでるので、国内産で自身の好みのセゾンを探すべく原材料などを見ながら好みなのを探しています。が、中々…今後も好みな国内セゾンを探すべく、セゾンを飲んでいきたいと思うビアっぷるでした😅

はい、という事で今回は、埼玉県比企郡にある『麦雑穀工房』さんから、「Blé Noir(ブレ ノワール)」をご紹介しました。特に思い入れが強いというビアスタイルのセゾン🍺、好みは人それぞれですが、皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る