京都府京都市の『ウッドミルブルワリー・京都』から「ベルジャンIPA」と「やわらぎIPA」を樽で飲んでみました~

ウッドミルブルワリー(ロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、以前『CRAFT BEER LIVE 2018』にて初めて飲んだ『ウッドミルブルワリー・京都』さんから、
「ベルジャンIPA」と「和らぎIPA」を樽で飲んだので紹介したいと思います。
あの大阪のイベント以来となるウッドミルさんのビールで楽しみですね~
あ、因みに「和らぎIPA」は再飲になりますね^^

ビール名:ベルジャンIPA
ブルワリー:ウッドミルブルワリー・京都
スタイル:ベルジャンIPA
アルコール度数:4.8%
IBU:40
URL:ウッドミルブルワリー・京都
facebook:ウッドミルブルワリー・京都

先ずはこちらが「ベルジャンIPA」のビール画像です。
ウッドミルブルワリー(ベルジャンIPA)
見た目は透き通った茶褐色で綺麗な感じですね~
香りは、ベルジャンとフルーティーな香りが爽やかです。
飲み口は、フルーティーな香りとは相反して苦味が思ったより強く感じる。
これはあホップの苦味か?それともフルーツの“はっさくの皮”特有のエグ味なのかわからないが、
IBU40ながらビアっぷるにはかなり苦味め。また甘さはなかったのでビアっぷるは好みではないが、
ビア仲間からは『すっきりドライな感じで飲みやすい』との事。
ビールバランスは前回同様素晴らしく感じるのだがビアっぷるは『はっさくホワイト』が好みですね~(#^^#)

そしてこちらが再飲となる「和らぎIPA」ですが、
ビール名:和らぎIPA
スタイル:IPA
アルコール度数:5.0%
IBU:55
のビール画像はコチラですね。
ウッドミルブルワリー(やわらぎIPA)
見た目はベルジャンIPAよりもっと茶褐色が強く出てますが透けて綺麗でしたね。
香りはこちらはIPAだけに確実にホップ感全開www
飲み口は、ホップの華やかさが前面に出てて良いのだが以前より苦味が増してる気がするのは気のせい?
こちらも甘さはなく、すっきりなIPAだが飲めば飲む程ジワジワと苦くなるのでより苦かったですねwww
IPAの良さがもっとわかるといいのだが未だに慣れないIPAという事でビアっぷるの好みではなかったです^^;

そういえば「ウッドミルブルワリー」さんですがまだ新しいブルワリーさんにも関わらず、
積極的にイベントへ参加されたり、新たなスタイルのビールに挑戦したりと勢いがありますよね!
正直凄く気になって1番飲んでみたかったビールが、京都の北白川にあるベトナムフレンチ“XUAN(スアン)”さんとコラボしたという
ビール名:bia XUAN-ale no.1(ビアスアンエール)
スタイル:ハーブエール
アルコール度数:5%
備考:ベトナムのハーブ(レモンバーベナ)を使ったハーブエール
ですね。ウッドミルブルワリーさん得意のフルーツである“宇治産のはっさく”も使用した様で、
非常に興味津々なビールでしたが関東側には出てくる訳もなく断念しましたけど(>_<)
また、その他に
・はっさくレモンゴーゼ(アルコール度数4.5%のIBU10)
・コーヒーエール(アルコール度数5%のIBU25)
この2つも気になりますが今後も醸造されるのでしょうかね~?(@_@)
因みにビアっぷるの行きつけのビアバーや関東側で繋がってタイミングが合えば、
是非飲んでみようと思ってますが意外にビアっぷるの周りにはまだ繋がらないんですよね…
評判がかなり良いのは聞いてるのでそろそろ出てくるはず!!と、期待して待ってたいと思います(´ー`)

はい、そんなこんなで今回は『ウッドミルブルワリー・京都』さんから「ベルジャンIPA」と「和らぎIPA」の2種類を紹介しました。
ウッドミルブルワリーさんのビールはちょくちょく関東側にも出てきてますので、皆さんも機会があったら是非飲んでみて下さいね~

最後に『ビアナビ』には他にも最新のビール情報やイベント情報、
ブルワリー情報など紹介してますので宜しければ他にも見て下さいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約9年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手さんのビールが苦手でビールそのものも嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは基本的に好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに、全世界のビールファンが1人でも多く日本国内のクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、東京は銀座でOPENした“クラフト…
  2. 宮崎ひでじビール(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、宮崎県は延岡市にある『ひでじビール…
  3. ろまんちっく村(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は宇都宮市にある『ろまんちっ…
  4. murmur(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は日光市にある『murmur…
  5. MARCA(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、大阪は北堀江にあるMarca Br…
ページ上部へ戻る