【静岡】West Coast Brewing:「THE ARCH-NEMESIS(アーチネメシス)」を樽で飲みました~

ウエストコーストブルーイング(ロゴ1)_NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんより、「THE ARCH-NEMESIS(アーチネメシス)」の“窒素ver”を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。来ましたよ、以前飲んだ『ザ・ネメシス』の樽熟成バージョンがとんでもない形(※本文参照)で、缶やネット販売なしの樽のみ超限定数で帰ってきました。こういうのは大好物なビアっぷるだけに、熟成でどんな感じに仕上がってるか興味津々です( ´∀`)

ウエストコーストブルーイング(アーチネメシス)_イメージ01

『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』THE ARCH-NEMESIS(アーチネメシス)“窒素ver” 詳細

ビール名:THE ARCH-NEMESIS(アーチネメシス)
ブルワリー名:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
ビアスタイル:インペリアルスタウト
アルコール度数:11.0%
IBU:???
URL:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)

コチラが前回の「THE ARCH-NEMESIS(アーチネメシス)」のビール画像です。

ウエストコーストブルーイング(アーチネメシス)_01

「THE ARCH-NEMESIS(アーチネメシス)」の“窒素ver” 飲み応えレビュー

見た目は、泡がクリーミーで真っ黒から透け感なし。
香りは、超絶好みで濃厚インペリアルスタウト感全開!
飲み口は、ホップの苦味は程よくありながらローストの苦味がしっかり出てます。ただ、その苦味も求めてる甘さとバーボン樽の熟成感、コーヒー感に更には窒素の影響もあり円やかになっており、濃厚さは抜群に感じながらとても飲みやすい。独特な樽熟樽感とコーヒーの絶妙なフレーバー、そして甘ったるくない甘さ、更に全体的なビールバランスがさすがといったビール。ボディは迷わずヘヴィーで飲み後にややアルコール感が出てくるが、文句なしにビアっぷるの好みなビールでした^^;

今年4月頃に樽で見た記憶が…!?

この「THE ARCH-NEMESIS(アーチネメシス)」ですが、ホップはわからず。そしてこのビールは前回醸造された『THE NEMESIS(ザ ネメシス)』をヘブンヒルとワイルドターキーのバーボン樽で5ヶ月熟成された超レアな限定ビールですね。ただ、新型コロナの自粛期間の4月頃に樽で繋がってたのをどこかで見て飲み行こうとおもってたが行けなかった記憶が!?…気の所為かな?www。今回はそれと同内容の樽が出てきたという事だろうか?…と不確定要素ですが悪しからず。話は戻して、正直ネメシスがインペリアルスタウトながら物足りなさを感じてたのですが、熟成されたとなれば飲んでみるしかない。更に今回は窒素ver.ですので只でさえなかなか飲めないビールで更に飲めないバージョンとなりましたwww。

缶、ネット販売はなしで樽のみ

という事でこのビールは缶での販売はなく、正直ビアバーさんでも通常こういうビールは200mlで提供される感じですが、はい、何か?迷わずパイントですけどwww。ええ、これぞ完全に嗜好品の域ですし、それでもビアっぷるはパイントで飲みたいんです。ちょっとやらしい話しですが、国産のクラフトビールをビアっぷるが過去飲んだ中で最高金額だったし、ブリュードッグさんのボーントィダイが日本で初めて出回った時にパイントで飲んだ時と匹敵する料金はビックリwww。

ただ、熟成にも色々と樽により味が変わりますからね。ビアっぷるにはプラスな方向に働いた熟成樽でしたし、間違いなくネメシスより超パワーアップしてました。こういうビールはなかなか飲めないですし、お高めに感じる方も多いかもしれませんがもう滅多に飲めないビール。ウエストコーストブルーイングさんのファンなら是非飲んでおいて損はないかと( ´∀`)

気になるWEBフライヤーは…

そして毎回恒例のWEBフライヤーですが今回は、

ウエストコーストブルーイング(アーチネメシス)_webフライヤー01new

コレですがやばい…マントが“気”で!?浮き上がっていかにもパワーアップした感じでカッコ良すぎる!とうとう熟成期間を経て傷が癒えパワーアップした事で、まさかのFFの魔法サン◯ラを使えるようになったか!?www。特にビアっぷるが凄く好みなところはバックのオーロラ的な部分の色合い。この絶妙な色合いが好みで、やっぱりPOOL COOLERのタッチよりこっちが好みだな。勝手ながら、今後もWEBフライヤー期待してます!( ´∀`)

はい、という事で今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんより、超限定レアビールの「THE ARCH-NEMESIS(アーチネメシス)」を窒素ver.でご紹介しました。樽数も少なく貴重なビールで窒素ver.はさすがに飲めないと思いますが、通常ver.を皆さんももし飲める機会があればも是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る