【和歌山】ノムクラフトブリューイング:「スペースメロン」を樽で飲みました~

ノムクラフト(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、和歌山県は有田郡にある『Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)』さんから、「SPACE MELON(スペースメロン)」を樽で飲みましたでご紹介したいと思います。ビール名に“メロン”、そりゃ飲みたくなりますが、果たして期待に応えてくれるでしょうか?(^_^;)

ノムクラフト(トップ)_イメージ01

『Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)』SPACE MELON(スペースメロン) 詳細

ビール名:SPACE MELON(スペースメロン)
ブルワリー名:Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)
ビアスタイル:ホッピーペールエール
アルコール度数:6.0%
IBU:22
URL:Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)
facebook:Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)

コチラがその「SPACE MELON(スペースメロン)」のビール画像です。

ノムクラフト(スペースメロン)_01

SPACE MELON(スペースメロン)」飲み応えレビュー

見た目は、薄濁の明るい山吹色という感じでしょうか
香りは、メロンというよりは柑橘系が前面に出てるかな
飲み口は、ホップの苦味は強めだが持続性は思ったよりなく飲みやすい。また求めてる甘さはなく、ちょいメロン風味的な感じがあるが瞬間に消えて余韻まで至らない。ボディはライトでスイスイ系も味が普通のペールエールという感じで特徴的に物足りなく、残念ながらビアっぷるは好みではありませんでした^^;

ビール名の由来は共にホップから

この「SPACE MELON(スペースメロン)」ですが、大半ビール情報は記載してくれてるノムクラフトですが、珍しくこのビール情報がどこにもないんです…って見つけきれてなかった申し訳ございません><。という事で分かる範囲で詳細を…ホップはヒュールメロンとギャラクシー、そしてアポロ?といホップを使い宇宙をイメージして醸造された模様。ビール名にある“スペース”が、ギャラクシーとアポロのホップ名から由来かな??そして“メロン”の方はフルーツと思ってたが勘違いでヒュールメロンのホップから出るメロン感を表現されたという事ですね。宇宙感はホップ名でともかくメロン感は申し訳ないが、もっとメロン感を引き出してもらえればビール名に連想できたが、瞬間メロンはいたが、9割9分一般的なペールエールという感じにしか感じれなかった…いつも思うが、飲む前に想像させる事になってしまうビール名って凄く大切だなと、改めて実感したビアっぷるでした(^_^;)

はい、という事で今回は、和歌山県は有田郡にあるNomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)さんから、「SPACE MELON(スペースメロン)」をご紹介しました。ビアっぷるにはメロン感は控えめ過ぎる感じですが人によっては…皆さんも自身の舌で味わってみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る