【東京】レッツビアワークス:「へフェヴァイス」を樽で飲んでみました~

レッツビアワークス(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、このブログで初登場のブルワリーさんになります。東京都は北区にある『Let’s Beer Works(レッツビアワークス)』さんより「Hefe Weisse(へフェヴァイス)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。ヘイジーが希望も…初飲みがこのヘーフェヴァイツェンのビアスタイルになりましたが、これもビール✨。さて、どんな感じでしょうか😄

レッツビアワークス(ヘフェヴァイス)_イメージ01

ビール名:Hefe Weisse(へフェヴァイス)
ブルワリー名:Let’s Beer Works(レッツビアワークス)
ビアスタイル:ヘーフェヴァイス
アルコール度数:5.5%
IBU:???
URL:Let’s Beer Works(レッツビアワークス)
facebook:Let’s Beer Works(レッツビアワークス)

こちらが「Hefe Weisse(へフェヴァイス)」のビール画像です。

レッツビアワークス(ヘフェヴァイス)_01

見た目は、ややくすみのある明るい方の山吹色という感じかな
香りは、瞬間にセ◯ダインをも感じてしまったバナナ香
飲み口は、ホップの苦味はややあり持続性は舌中で優しく残る程度。また求めてる甘さはない。そして控えめなバナナフレーバーで、ホップの特徴がピンとこない。また、何よりビール自体がかなり薄めで言葉は悪いが“水っぽい”。飲み後には甘さがなく、温度上昇でもホップの苦味は平行線。ボディはかなりライトで飲み応えは物足りず。シンプルではあるが…残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

この「Hefe Weisse(へフェヴァイス)」の前に、先ずはブルワリーさんの事をわかる限り。東京は北区東十条にて、2020年前半に醸造開始されたマイクロブルワリーさん。因みに6名で創業さて、その6名全員がブルワーさんというのはあまりない形。各々の知識を良い意味でぶつかり合えば良い方向に転がりそうな印象です✨。そんなブルワリーさんですが、ビアっぷる初飲みはヘイジーが良かったがあったのはへフェヴァイス。ホップはハラタウとミッテルフリューの2種類。モルトはペールとウィートにヴァイツェン酵母を使用。その他原材料には、カラギナンを使って醸造された様ですね。感じ方は人それぞれも、一番気になったのが“水っぽさ”。口当たりに意識はさほどいかず、軽くスイスイ飲めるのは間違いない。ただ、ホップ感もそうだが全体的にかなり薄めで特徴が見え辛くなっており、飲み応え自体も物足りずビアっぷるが求めるヘーフェヴァツェンとは違ったかな😅。最近でビアっぷるが求めるヘーフェヴァツェンは、しろすずめさんの『上手毬(かみてまり)』。アルコール度数にシンプルさや派手さは今回と類似の中、ボディ感に“小麦の甘さ”と“奥深さ”等などビール自体の特徴がしっかり感じれかなり好みでした😍。はい、好みは人それぞれですし何よりヘイジーを飲んでみたいのが本音。機会があれば飲ませて頂こうと思っているビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は、東京都は北区にある『Let’s Beer Works(レッツビアワークス)』さんより「Hefe Weisse(へフェヴァイス)」をご紹介しました。ライトでスイスイ系のヘフェヴァイス🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ日本のクラフトビール歴史は浅いが国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。性格的に醸造には丸っきり興味はないが、“好みは人それぞれ・人の舌は十人十色”を基本に飲み手として独自の感想(レビュー)を書かせて頂いてます。1人でも多くの方が国内のクラフトビールも海外と負けてないんだ、そして色々なビアスタイル(種類・味わい)がある事に興味を持って頂ける様ご紹介できればと思っています。長きに渡り毎日欠かさず投稿していますので、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. ジョウゾビアベース(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、徳島県は阿南市にある『JouZo …
  2. 寒菊ブルワリー(ロゴ)_01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、千葉県は山武市にある『Kankik…
  3. シュレッドビールカンパニー(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、海外ビールとなりますがこのブログで…
ページ上部へ戻る