【香川】しろすずめ:「紙手鞠」を樽で飲んでみました~

しろすずめ(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、香川県は高松市にある『Shirosuzume(しろすずめ)』さんより「紙手鞠(かみてまり)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は初飲みだった『雲の扇(くものおうぎ)』で好印象でしたが、今回はへーフェヴァイツェンでしたが、ビールのベースが良い意味で気になり期待しつつ…どんな感じでしょうか顔

『Shirosuzume(しろすずめ)』紙手鞠(かみてまり) 詳細

ビール名:紙手鞠(かみてまり)
ブルワリー名:Shirosuzume(しろすずめ)
ビアスタイル:へーフェヴァイツェン
アルコール度数:5.5%
IBU:12
URL:Shirosuzume(しろすずめ)
facebook:Shirosuzume(しろすずめ)

こちらが「紙手鞠(かみてまり)」のビール画像になります。

しろすずめ(上手毬)_01

紙手鞠(かみてまり)」飲み応えレビュー

見た目は、クリアーで明るめな琥珀色という感じでしょうか
香りは、バナナという感じの表現とは違うが爽やかさで心地よい風味
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性はなし。また求めてる甘さがややあり。そして熟した洋梨+バナナっぽいフルーティーさ。また、小麦由来か?絶妙に感じる甘さと甘やかさが好印象。飲み後の優しい甘さと、温度上昇でもホップの苦味は平行線だがバナナ香がしっかり立って心地良い。ボディはライトでも飲み応えしっかりで、アッという間になくなる程スイスイ飲める事からもビアっぷるの好みなビールでした✨

奥深さ等など、全体的に好バランス

この「紙手鞠(かみてまり)」ですが、前回同様ホップやその他原材料の記載がないのは残念だがアルコール度数5.5%で醸造されたへーフェヴァイツェンですね。正直アッという間にビールがなくなる程の飲みやすさと、奥深い飲み応えでした。そして感じ方は人それぞれだが、最初にサービング直後の冷えた状態のアロマではバナナ香が感じにくかったが温度上昇と爽やかなバナナ香へ。そして小麦由来?であろう甘やかさと甘さに嫌味がなくスイスイ飲めながらもボディ感もしっかりで好バランスな印象を受けた。前回のペールエールからベアードさん寄りという感じはあまりなく、コレは独自のセンスなんでしょうね。そして決してビールに派手さはないのだが…“また飲みたい”という気持ちになるのも事実。醸造技術はもちろんだが、国内で多いアメリカンなホップ寄りというよりはモルト寄りというのがビアっぷるの舌にしっくりきてるのかな?。いやはや、是非他のビアスタイルも飲ませて頂きたい!という気持ちになっているビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は、香川県は高松市にある『Shirosuzume(しろすずめ)』さんより「紙手鞠(かみてまり)」をご紹介しました。温度上昇のバナナ香と程よい甘さの好マッチ🍺✨。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ歴史は浅くとも、国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。“人の舌は十人十色”や“飲んでみないとわからない”を基本に、クラフトビールを飲ませて頂きマニアックな内容や独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビアスタイル(種類・味)がある事に興味を持てる様ご紹介できればと思っています。因みに自身の舌で感じた事を他人のレビューと比べてみるのも面白さと思っています。この様なブログですが、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る