【静岡】カケガワファームブルーイング:「紅ほっぺホワイトサワー」を樽で飲んでみました~

カケガワファームブルーイング(ロゴ01)_NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回は静岡県は掛川市の『Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)』さんから、「Beni Hoppe White Sour(紅ほっぺホワイトサワー)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回の『Melox2021(メロックス2021)』も久しぶりでしたが、今回も久しぶりなカケガワさんのビール🍺。さて、今回はいちごを使ったビールでどんな感じでしょうか😄

『Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)』Beni Hoppe White Sour(紅ほっぺホワイトサワー) 詳細

ビール名:Beni Hoppe White Sour(紅ほっぺホワイトサワー)
ブルワリー名:Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)
ビアスタイル:ホワイトサワーエール
アルコール度数:4.5%
IBU:???
facebook:Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)

こちらが「Beni Hoppe White Sour(紅ほっぺホワイトサワー)」のビール画像になります。

カケガワファームブルーイング(紅ほっぺホワイトサワー)_01

「Beni Hoppe White Sour(紅ほっぺホワイトサワー)」飲み応えレビュー

見た目は、くすんだ明るめなオレンジ色という感じでしょうか
香りは、梅干し?生姜?を思わせる感じが…
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性は控えっめ。また求めてる甘さはない。そしてフレッシュな紅ほっぺの爽やかさと優しい酸味に柔らかいホワイト感が心地よい。ジューシーさはないが、飲み後にはほのかな甘さといちごの余韻。ボディはライトで飲みやすいのだが、言葉が難しいがちょっと水っぽく?残念ながら好みには至りませんでした💦

フルーツの良さをしっかり引き出すブルワリーさん

この「Beni Hoppe White Sour(紅ほっぺホワイトサワー)」ですが、ホップは種類はわからず。またその他原材料には掛川産の『紅ほっぺ(いちご)』を使い醸造されたホワイトサワーとの事。ビアっぷるが好みな掛川産のメロンを使ったメロックスの“紅ほっぺver.”という感じでしょうか。また好みは人それぞれも、“フルーツ(イチゴ等など)の存在”がしっかり感じれるのは、さすがカケガワさんという感じ。まぁ、ビアっぷるにはアルコール度数的にももう一押し濃さが欲しい感じでしたが、ホワイトサワーでも“酸味”はかなり控えめなイチゴ+ホワイトビールを求めてる方には合うと思いますよ~😁。今現在『けやきひろば春のビール祭り2022』が開催期間で今回出店しているカケガワさん。サワー系やホワイト系が苦手な方、若しくは初心者の方にも参加できてる方は是非一種類でも飲んでみて欲しいと思うビアっぷるでした✨🍺。

はい、という事で今回は静岡県は掛川市の『Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)』さんから、「Beni Hoppe White Sour(紅ほっぺホワイトサワー)」をご紹介しました。イチゴ感しっかりのホワイトサワー🍺。みなさんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る