【東京】バテレ:「イネッサ」を缶で飲んでみました~

VERTERE(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、東京都は西多摩郡にある『VERTERE(バテレ)』さんから、「Inessa(イネッサ)」を缶で飲みましたのでご紹介したいと思います。先日の『Vismia(ビスミア)』はかなり好みで、桃を感じさせるヘイジーでしたが今回のビールはビアスタイルは“アップルミントサワー!?”…そりゃ興味津々で、飲んでみたくなりましたよ😅

VERTERE(イネッサ)_イメージ01

『VERTERE(バテレ)』Inessa(イネッサ) 詳細

ビール名:Inessa(イネッサ)
ブルワリー名:VERTERE(バテレ)
ビアスタイル:Apple Mint Sour
アルコール度数:5.5%
IBU:???
URL:VERTERE(バテレ)
facebook:VERTERE(バテレ)

こちらが「Inessa(イネッサ)」のビール画像になります。

VERTERE(イネッサ)_缶01
VERTERE(イネッサ)_缶02

Inessa(イネッサ)」 飲み応えレビュー

見た目は、薄濁りで明るめな黄色という感じでしょうか
香りは、リンゴであろう風味と爽やかなミントはやや控えめ
飲み口は、ホップの苦味は控えめで舌奥で少し残る程度でしょうか。また求めてる甘さはない。そしてホップフレーバーがピンと来ず、爽やかなミント感からか?リンゴ感とやや強めな酸味をも爽やかさに感じさせる。飲み後にはほのかな甘酸っぱさも残りつつ、エグみの様な苦さもジワジワ+ミントの余韻も。ボディはライトで決して水っぽさもなく飲み応えもあり。ホップがやや弱めだが全体的なバランス的にもビアっぷるは好みな方のビールでした✨

“常に冒険を感じれるブルワリー”さん…

この「Inessa(イネッサ)」ですが、ホップはロータスのみ!?と1種類のようですね。原材料には、リンゴ果汁とスペアミントが使われ醸造されたアップルミントサワーとの事。購入の際に躊躇わず手に取ったが、ビアスタイルに“Apple Mint Sour”の記載も、ビアっぷる的に勝手ながら定期的に飲みたくなるブルワリーさんで、人の舌は十人十色で好みもまちまちな中、もちろん好みでない事もあるが『常にビールに対して冒険を感じれ伝わる印象の“バテレさん』だからこそ飲んでみたいと思った🍺。ただ、飲む前はミントが強くて酸味が強いだけかな?と思ってたが…ミント感が爽やかで且つ穏やかに残りつつ、リンゴとサワーの酸味をも爽やかに保たれてる辺りのバランスも好みで好ポイント。もう少しホップフレーバーが欲しい気もするが…500mlの容量ながら1,000円程度と安価なのも好感が持てますし、コスパ良。是非樽(ドラフト)で飲んでみたかったが…さすがに悔しいかなこのコロナ禍では到底無理でしょうね💦。2018年に飲ませてもらい好みだった『PASSION FRUITS WHEAT(パッションフルーツウイート)』も久しぶりに飲みたいが、また今後も“冒険されたビール”も楽しみにしたいと思うビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は、東京都は西多摩郡にある『VERTERE(バテレ)』さんから、「Inessa(イネッサ)」をご紹介しました。コスパ的にもかなり良く爽やかで再度飲みたいと思う🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る