ブラックタイドブリューイング×ベアレン醸造所:「スイミングベア」を缶で飲みました~

ブラックタイド(東北3社コラボビール企画2021サマー)_ロゴ01

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、宮城県は気仙沼市にある『Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)』さんと、岩手県は盛岡市にある『Baeren Bier(ベアレン醸造所)』さんとの東北コラボビール「Swimming Bear(スイミングベア)」を缶で飲みましたのでご紹介したいと思います。いわて蔵さんとの生姜と柚子を使ったIPAに続き、今回はヘイジーIPAとの事。ベアレンさんとの相乗効果はどんな感じでしょうか?😄

『ブラックタイドブリューイング×ベアレン醸造所』Swimming Bear(スイミングベア) 詳細

ブラックタイドブリューイング×ベアレン醸造所(スイミングベア)_イメージ01

ビール名:Swimming Bear(スイミングベア)
ブルワリー名:ブラックタイドブリューイング×ベアレン醸造所
ビアスタイル:Hazy IPA
アルコール度数:6.0%
IBU:???
facebook:Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)
facebook:Baeren Bier(ベアレン醸造所)

コチラがその「Swimming Bear(スイミングベア)」のビール画像です。

ブラックタイドブリューイング×ベアレン醸造所(スイミングベア)_缶01
ブラックタイドブリューイング×ベアレン醸造所(スイミングベア)_缶02

「Swimming Bear(スイミングベア)」飲み応えレビュー

見た目は、くすみのある濁りで黄色という感じでしょうか
香りは、よくあるブラックタイドさんのヘイジーIPAという感じ…
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性は程よく舌奥で残る感じでしょうか。また求めてる甘さも微あり。そしてジューシーさが思ったよりないが、フルーティーなホップフレーバーにホップの苦味がやや残り後味には適度な甘さも感じれる。ボディはミディアムでとても飲みやすく飲み応えもあり好みな方のビールでしたが…コラボという事で、“ベアレンさんらしさは!?”と思わせたビールでもありました😅

コラボ企画『 TOHOKU THREE-WAY COLLABORATION 』と4種の🍺

この「Swimming Bear(スイミングベア)」ですが、最初に今回のコラボビールの企画を説明しておきたいと思います🍺。前回のいわて蔵さんとのコラボ『Miyate, our home(ミヤテアワーホーム)』もそうですが、

ブラックタイド(東北3社コラボビール企画2021サマー)_ロゴ01

【TOHOKU THREE-WAY COLLABORATION】と題して、『岩手県が日本全国・世界に誇るベアレン醸造所・いわて蔵ビールさんとブラックタイドさんがタッグを組んでビールを醸造する』という、ブラックタイドさんの企画の様ですね。その中で、

① BTB x BAEREN @ BTB → Swimming Bear(スイミングベア)
② BTB x いわて蔵ビール @ BTB → Miyate, our home(ミヤテアワーホーム)
③ BAEREN x BTB @ BAEREN SAIEN Micro Brewery →  サマーインターナショナルラガー
④ いわて蔵ビール x BTB @ いわて蔵ビール →  みやて蔵ビール ホヤール

と、この様な感じで4回醸造された様です。因みに前回ご紹介させてもらったいわて蔵さんのビールは②、今回ビアっぷるが飲ませてもらったビールは①に該当し、共にブラックタイドさんの工場にて醸造されたビールの様です。感じ方は人それぞれも、それで今回のビールはブラックタイドさんが強めに出たヘイジーIPAという感じに思ってしまったのでしょうか?😅そのスイミングベアーは、ホップがロータスにストラータ、バーブルージュにモザイクの計4種を使われております。また原材料には大麦、オーツ麦、小麦、糖類/ラクトースを使い醸造されたヘイジーIPA。ここからは感じ方は人それぞれも、ベアレンさんの“らしさ”も探してみましたが、ビアっぷるには香りや味、ヘイジー感が全てブラックタイドさん“らしさ”が強調されたビールという印象が強く残りました。あ、決して悪いと言ってる訳ではないが、“コラボ”という事を意識したら想定してた“双方の良さを引き出すコラボ”とはちょっと違った様です😅。ただ、③でベアレンさんの工場で醸造された『サマーインターナショナルラガー』、④でいわて蔵さんの工場で醸造された『みやて蔵ビール ホヤール』も既にリリース済みで、各々の設備で醸造されたビールは逆にどんな“らしさ”が出てるのか気になります。ええ、この企画をそこまで理解しておらず完全にスルーしていましたが、購入できる機会があれば後日飲ませてもらおうと思います✨。最後に、この企画にて醸造の様々な違いや発見があったかと思われます。今後のより良いビール造りに繋がる企画になりそうですし、勝手ながら新しい何かが生まれるキッカケになるといいですね~😄

はい、という事で今回は『Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)』さんと、『Baeren Bier(ベアレン醸造所)』さんのコラボビール「Swimming Bear(スイミングベア)」をご紹介しました。ブラックタイドさんのヘイジーIPAとい感じでしたが、皆さんももし飲める機会があれば飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る