箕面ビール × 秋鹿酒造:「猿山鹿男(さるやましかお)」をボトルで飲みました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、大阪は箕面市にある『箕面ビール』さんと 、コチラも大阪は豊能郡にある『秋鹿酒造』さんとの限定コラボビール、「猿山鹿男(さるやましかお)」をボトルで飲みましたのでご紹介したいと思います。独特なボトルのラベルも気になりますが、やはり日本独特のスタイルとして“米麹”を使われたビールはは非常に興味を持ってるビアっぷるです。後は好みなビールが出てくるか?…というところかな(^_^;)。

箕面ビール × 秋鹿酒造(猿山鹿男)_イメージ01

『箕面ビール × 秋鹿酒造』猿山鹿男(さるやましかお) 詳細

ビール名:猿山鹿男(さるやましかお)
ブルワリー名:箕面ビール × 秋鹿酒造
ビアスタイル:???
アルコール度数:7.0%
IBU:15
facebook:箕面ビール
facebook:秋鹿酒造

コチラがその「猿山鹿男(さるやましかお)」のビール画像です。

箕面ビール × 秋鹿酒造(猿山鹿男)_ボトル01
箕面ビール × 秋鹿酒造(猿山鹿男)_ボトル01

「猿山鹿男(さるやましかお)」飲み応えレビュー

見た目は、薄濁りで茶色寄りな黄色って感じでしょうか。
香りは、米麹からなのか?、一瞬ヴァイツェン!?と思いましたwww。
飲み口は、ホップの苦味は控えめと思いきや後からジワジワと追いかけてくる出てくるタイプですね。米麹感はかなり強めで、モルトの方がかなり消え気味と思え思ったより甘さが感じ辛かったのが残念だが、優しい酸味もありながら何より後味に残る吟醸香は余韻に残って素晴らしかった。ボディはミディアムでしたが残念ながら好みではありませんでした^^;

日本独特の、新しいビアスタイル!

この「猿山鹿男(さるやましかお)」ですが、箕面ビールさんと秋鹿酒造さんとのコラボは今回で2回目だそうです。前回はカラメルモルトを多めにしたアンバーカラーで2018年に提供されてますがビアっぷるは飲んでませんねぇ。新型コロナのこの状況が始まる前まではボトルは基本プレゼント以外は手を出さなかったので、関東側に樽生で出てたら存在は知ってるはずだが見かけてはないかな。。。
で、この秋鹿酒造さんは米の栽培から手掛ける”一貫造り”で有名な酒造さんの様で山田錦の米麹を使ってるそうです。また醸造過程のコメントはざっくり、
山田錦の米麹を約10%使い、麹の酵素を最大限に生かすため発酵工程で投入、
その米酵素により過去箕面ビールの中で1番残糖がなくキレたビール。そしてセゾンイーストを使いホップは控えめに使用
”。という事で、モルトと米麹が織りなす風味は日本独特な新しいビアスタイルとの事ですね。なるほど…φ(..)メモメモ。という事から、米系のビールで甘みを出すビールは好みなビアっぷるですが、この過程からは残糖が…そりゃビアっぷるが好みなビールになるのは難しかったですね。ただ、吟醸香の余韻はかなり余韻に浸れましたので味は苦手もこのビールの良さを少しは理解出来たかな?と、感じているビアっぷるでした(^_^;)。

はい、という事で今回は大阪は箕面市にある『箕面ビール』さんと 、コチラも大阪は豊能郡にある『秋鹿酒造』さんとの限定コラボビール、「猿山鹿男(さるやましかお)」をご紹介しました。新型コロナ状況からはボトルでの提供と思われますが、箕面さんのオンラインショップ等で売り切れてなければ手に入るかもしれません。購入できる機会があれば、是非手に入れて飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る