北海道札幌市にある『月と太陽ブルーイング』から「海の中から見た満月」を樽で飲んでみました~

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、久しぶりの紹介となりますが、
北海道の札幌市にある『月と太陽ブルーイング』さんから
「海の中から見た満月」を樽で飲んでみましたのでご紹介したいと思います。
しかし毎度毎度変わったビール名ですよね~
どういう意図でビール名を付けてるのか聞いてみたいと思ったが、
うしとらブルワリーさんも同じ様な感じですね^^;

ビール名:海の中から見た満月
ブルワリー名:月と太陽ブルーイング
スタイル:ラガー
アルコール度数:5.0%
URL:月と太陽ブルーイング

こちらがその「海の中から見た満月」ですね。

見た目はラガーという事だが予想以上にやや色が濃い感じでした。
香りですが思ったより『酸味』を強く感じるは意外で…
飲み口は、香りの如く酸味が強めだがスッキリしてたが、
この酸味は過去を振り返ってもラガーでは想像を覆す感じでした(@_@)
ラガーでも酸味がここまで感じるビールはあまり飲んだ事がないが
この世の中にはいろんなビールがありますからね。
貴重な体験をさせてもらったと思いましたが、
はい、ビアっぷるの好みではなかった。
が、麦感を凄く感じてこの部分だけが突出して凄く好みではあったかな^^;

そう言えば『月と太陽ブルーイング』さんと言えば…
醸造量の関係などで関東ではなかなか飲めないブルワリーさんのビールですが
以前このブログでいくつか紹介しましたが、
『水滴石穿(みずしたたりていしをうがつ)』
は、ビアっぷるの凄く苦手なモザイクホップを使われてながら
予想を覆すほど好みのビールでした。
その後見かけませんが、また、新バッヂが飲めるなら
是非また飲んでみたいものですが果していつ出てくるだろうか…^^;

今や北海道ではかなり根付いたブルワリーさんですし、
ブルーパブもお客さんが凄く多く入ってると評判ですね。
醸造は自社醸造と他ブルワリーさんで醸造と使い分けて、
この「海の中から見た満月」に関しては滝川ブルワリーさんが醸造、
そして後日紹介する方(サワーエール)は、
月と太陽ブルーイングさんが醸造したビールになります。
後者はどんな味かは乞うご期待という事で宜しいでしょうかwww

はい、そんなこんなで今回は『月と太陽ブルーイング』から
「海の中から見た満月」を紹介しましたが、
皆さんももし見つけた際には是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールそのものが嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は北海道は登別市にある『のぼりべ…
  2. WOLFBRÄU(ウォルフブロイ)_logo1
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、沖縄県那覇市にできた「WOLFBR…
  3. CRAFT BEER LIVE 2019 logo1
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 先日参加した『Craft Beer Liv…
  4. 札幌クラフトビアフォレスト2019(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、来月の早々で2019年7月6日(土…
  5. カケガワファームブルーイングロゴ
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、ちょっと頻度が高めとビアっぷる自身が…
ページ上部へ戻る