兵庫県神戸市の『神戸湊ビール』が醸造した「ゴールデンエール」を樽で飲んでみました~

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、このビールをブログに挙げるのをすっかり忘れてましたが、
先日の『Craft beer Live 2018』から兵庫県神戸市の
神戸湊ビールさんが醸造された「ゴールデンエール」を
樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。
初飲みで数年前にブルワリーさんの前まで行って、
まさかの臨時休業で飲めなかったので非常に楽しみにしております^^

ビール名:ゴールデンエール
ブルワリー名:神戸湊ビール(こうべみなとびーる)
スタイル:ゴールデンエール
アルコール度数:不明
IBU:不明

こちらが「ゴールデンエール」の画像です。

見た目はやや濃いきれいな黄色ですね~
香りは甘味を感じるホップの香りで期待しちゃいます。
飲み口は、全体的にこれ!と言った特徴がなく、
飲みこんだ後の苦みがゴールデンエールとしては想像以上に強めでは!?
はい、ビアっぷるは好みではないなぁ…^^;

この神戸湊ビールさんですが2016年の夏ごろに醸造を開始しており、
ブルーパブの『HARBOR BEER KOBE』へ
1~2年前に直接行ったのですが…休みじゃないはずが、
まさかの臨時休業だったのを今でも覚えてます。
今回、念願のビールでしたがブースには醸造の方ではなく、
神戸湊ビールさんを応援してる方たちがサービングをしてました^^
色々と調べてたら常陸野ネストさんで修行をされた様で、
原材料はアメリカ産が多いとの事からビアっぷるは苦手だったのかも。

以前、神戸や大阪のどこかで樽で飲めるところはないか?と
お聞きしたところワインを主にしたレストランの食前酒として
出してたりするとの事でその他にはないと…
またボトルも余ってれば詰めるというスタンスだったので
タイミングが合わないと現地ではなかなか飲めないというブルワリーさん。
電話で確認してからお伺いするのが賢明と当時思いました^^;
今回は『Craft beer Live 2018』でゴールデンエールのみですが、
飲めたので良かったのですがいつかは現地で飲みたい!

そんなこんなで今回は『神戸湊ビール』が醸造した
「ゴールデンエール」を紹介しましたが、
皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~
はい、現地で飲む際は要確認してくださいね!www

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約9年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手さんのビールが苦手でビールそのものも嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは基本的に好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに、全世界のビールファンが1人でも多く日本国内のクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ワイマーケットブルーイング(ロゴ3)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、愛知県は名古屋市にある『Y.MAR…
  2. WEST COAST BREWING(ウエストコーストブルーイング)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県は静岡市にある『West C…
  3. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は静岡県は掛川市の『Kakega…
  4. 反射炉ビヤ ロゴ2
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県伊豆の国市にある『反射炉ビヤ…
  5. ろまんちっく村(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は宇都宮市にある『ろまんちっ…
ページ上部へ戻る