北海道旭川市から『MORROW’S(モローズ)×大雪地ビール』のコラボビール「ペンタゴン」を樽で飲みました~

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回は色々な絡みで滅多に飲めないとお聞きした
北海道旭川市の『MORROW’S(モローズ)×大雪地ビール』さんから
コラボビールとなるニューイングランドIPAの「ペンタゴン」を
樽で飲めましたので紹介したいと思います。

ビール名:ペンタゴン
ブルワリー名:MORROW’S(モローズ)×大雪地ビール
スタイル:NE-IPA(ニューイングランドIPA)
アルコール度数:5.0%
URL:MORROW’S(モローズ)

こちらがその「ペンタゴン」ですね。

見た目はニューイングランドIAPというだけある濁り系。
香りですがジューシー感も満載でニューイングランドIPAらしい香り。
飲み口は、苦みが少なく甘みも程よく感じる。
また、コクも感じるのだがやや水っぽいく感じるのは気のせい?
ただ、初のニューイングランドIPAを醸造したという事だが、
先々が凄く楽しみに感じたビールでした。
現時点で甘味さえもう少し加わればビアっぷるの好みではあるが、
次回のバッヂが出れば、是非もう1度飲んでみたいと思えるビールですね!

はい、この『MORROW’S(モローズ)×大雪地ビール』さんですが、
MORROW’S(モローズ)さんとは、
北海道の旭川駅近くにあるビアバーの様で、
旭川にあるブルワリーの大雪地ビールさんにお願いをして、
コラボで誕生したのがこの『ペンタゴン』だそうです。
貴重なビールという事でビアっぷるは偶然飲めましたが
かなーーーーり、ラッキーでした^^;

ビアバーさん自らニューイングランドIPAの醸造をお願いし、
醸造した事がなかったというニューイングランドIPAを
請け負った大雪地ビールさんは初醸造ながらこの味を出せるのも驚き(@_@)
やはり醸造は、もちろん経験も必要な事もありますが、
ビアっぷるは『センス』があればちゃんとしたビールは大抵造れると信じてますwww
繰り返してしまいますが次のニューイングランドIPAが醸造されたら
是非飲んでみたいですね!!

そんなこんなで今回は北海道旭川市『MORROW’S×大雪地ビール』の
限定醸造となる「ペンタゴン」を紹介しましたが、
皆さんももし見つけた際には是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、
情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、
日々ビアバーを飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールは嫌いでした。
が、クラフトビールに出会い、
強烈な衝撃を受け一気にハマりました。
基本的に樽でしか好まず、缶・ボトル、
そして海外のビールは好みません。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが、
1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、
ブログでお伝えできればと思っています。

因みに素人のブログですので文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 反射炉ビヤ ロゴ2
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県伊豆の国市にある『反射炉ビヤ』さんか…
  2. 伊勢角屋麦酒(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 先日、このブログで紹介した東京の八重洲にできた『伊…
  3. 秋田あくらビール(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、秋田県秋田市にある『秋田あくらビール』さん…
  4. 京都醸造(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は滅多に飲まないブルワリーさんのコラボビールが…
  5. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今週水曜に深海晶(しんかいあきら)こと新垣…
ページ上部へ戻る