【宮城】ブラックタイドブリューイング:「Luring Light ver.2.0#271」を樽で飲みました~

ブラックタイドブリューイング(ロゴ)_02new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、宮城県は気仙沼市にある『Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)』さんから「Luring Light ver.2.0(ルーリングライト)#271」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回はトリプルヘイジーの『Dragon Rail(ドラゴンレイル)#249』でしたが、今回はトリプルから一転、ヘイジーIPAだが7.5%のボディさに期待したいところ。さて、どんな感じでしょうか😊

ブラックタイドブリューイング(ルーリングライト ver.2.0#271)_イメージ01

『Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)』Luring Light ver.2.0(ルーリングライト)#271 詳細

ビール名:Luring Light ver.2.0(ルーリングライト)#271
ブルワリー名:Black Tide Brewing(ブラックタイド ブリューイング)
ビアスタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:7.5%
IBU:???
URL:Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)
facebook:Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)

コチラがその「Luring Light ver.2.0(ルーリングライト)#271」のビール画像です。

ブラックタイドブリューイング(ルーリングライト ver.2.0#271)_01

「Luring Light ver.2.0(ルーリングライト)#271」飲み応えレビュー

見た目は、ニゴニゴで明るめな黄色寄りオレンジで良い感じ
香りは、柑橘っぽい甘やかさがふんわり
飲み口は、ホップの苦味は控えめだが持続性は舌中で少し残る感じ。また求めてる甘さはなし。そしてアロマ同様甘やかな柑橘っぽいフレーバーからの、薄めでやや爽快なオレンジっぽい味わい。ジューシーさはなく、水っぽさとも紙一重なボディさ。飲み後には甘さが微で、温度上昇でホップの苦みは平行線。ボディはミディアム寄りのライトで、飲みやすさ・飲み応え共に物足りず残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

ビール名が多種に渡り…

この「Luring Light ver.2.0(ルーリングライト)#271」ですが、最初にブラックタイドさんの公式にて表記が見つからないのもあってか?、検索してもビール名が多種で…ラーリングライトにラーニングライト、ルアーリングライト、ルアリングライトでビアっぷるは“ルーリングライト”と表記させて頂きましたがどれが正しいのでしょうか?。英語表記は特にそうだが、“わかるでしょう”ではなく拘りや思い入れのあるビールを醸造されたからこそ間違って欲しくないと思えr“伝える”事が大切と思ってる余計なお世話を言うビアっぷるで悪しからずです😅。さて、ビールに戻って今回はエルドラドにモザイク、シトラとシトラインコグニートにクライオポップを使用されてます。モルトはピルスナーやオーツにウィートとクリスタルの4種類。その他原材料には、“糖類”を加えず醸造されたヘイジーIPAの様ですね。先ず、前回飲ませて頂いた“Dragon Rail(ドラゴンレイル)#249”と同様、見た目・色味はバッチリでしたね!✨。そんな色味からの結論は、“甘やかオレンジ柑橘っぽさ+水っぽく口当たりの滑らかさで飲みやすく感じるビール”という印象。意外だったのが、度数に対してコクや深みが感じれず“水っぽくいヘイジー”と感じた事。それと、7.5%のアルコール度数としてはかなり飲みやすいのだが、ビール自体が飲みやすいよりは“口当たりの滑らかさで飲みやすく感じる”という言葉の方がしっくりくると思ったかな。まぁ、感じ方や好みは人それぞれですが、ビアっぷるが勝手に拘る見た目が良いだけに、当時と今ビールの味わい自体が変わったと思ってるが…2021年でかなり好みだった『Super nagi(スーパーナギ)』や『Azure Wave(アジュールウェイブ)』的な味わいに近づくと尚嬉しい✨。今やこれだけ認知されたブルワリーさんですし既に売れてるとも思いますが、勝手ながら今後もより良いビールを醸造される事を願っているビアっぷるです😊

はい、という事で今回は宮城県は気仙沼市にある『Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)』さんの「Luring Light ver.2.0(ルーリングライト)#271」をご紹介しました。口当たりの滑らかさから飲みやすく感じたヘイジーIPA🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ日本のクラフトビール歴史は浅いが国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。性格的に醸造には丸っきり興味はないが、“好みは人それぞれ・人の舌は十人十色”を基本に飲み手として独自の感想(レビュー)を書かせて頂いてます。1人でも多くの方が国内のクラフトビールも海外と負けてないんだ、そして色々なビアスタイル(種類・味わい)がある事に興味を持って頂ける様ご紹介できればと思っています。長きに渡り毎日欠かさず投稿していますので、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 奈良醸造ブルーイング(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、奈良県奈良市にある『NARA BR…
  2. ブルークラシック(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、石川県は金沢市にある『Brew C…
  3. ウエストコーストブルーイング(ロゴ)_05new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県は静岡市にある『West C…
ページ上部へ戻る