【大阪】Marca Brewing:「Hazy IPA(ヘイジーIPA)」を樽で飲んでみました~

MARCA(ロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、大阪は北堀江にあるMarca Brewingさんより、昨年8月に飲んだ『Hazy IPA(ヘイジーアイピーエー)』のビールから配合を変更したという、「Hazy IPA(ヘイジーIPA)」を樽で飲んだのでご紹介したいと思います。最近飲む率が減ってたと思うビアっぷるですが、1年を超えて久しぶりに飲むマルカさんのヘイジーIPAは…苦いかな?(^_^;)

ビール名:Hazy IPA(ヘイジーIPA)
ブルワリー:Marca Brewing
ビアスタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:6.0%
IBU:35
URL:Marca Brewing
facebook:Marca Brewing

こちらがその「Hazy IPA(ヘイジーIPA)」のビール画像です。

Marca Brewing(ヘイジーIPA)2019

見た目は、ヘイジーという事だがクリアな黄金色は予想外。
香りは、箕面さんのビールで感じたホップが出てる気がしてます。
飲み口は、ホップの苦味はほとんど残らずでスッと飲める感じではあります。またビアっぷるの求めてる甘さは少し感じるのですが、やや物足りないかな。そして前面に主張してくる明らかにモザイクホップさんが顔を出してくるのがやはり馴染めないwww。ボディはライトですが、ヘイジーながらジューシーさが思ったより感じれず、柑橘系?の感じがするのは気の所為か?残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした^^;

この「Hazy IPA(ヘイジーIPA)」ですが、ホップがシトラ、モザイク、そしてアイダホ7を使用して醸造されたとの事ですね。ホップを見て、香りの箇所でなんとなく箕面さんのビールで感じたホップ…は、以前飲んだ『IPA7』の香りで感じたのと似てる!?と、勝手に思い出しましたがアイダホ7の香りかな。ただ、その思い出を上回り前面に主張してくるモザイクホップさんがしっかり感じれるので、さすがにここまでくると未だに馴染めず…更に原材料にオレンジピール、そして濁りがなくジューシーさを感じれなかったと、こうなるとさすがのビアっぷるには好みではない味という判断になりました。マルカさんのヘイジーが濁ってないとか何か珍しいな^^;

そういえば、マルカさんのビールですが工場を増設した以降からかあまり冒険がを感じれなくなったのは気の所為か!?現状で感じるのは今までリリースしてきたビールの配合の見直しや、ホップを変更したビールが多い様な…。決して否定してる訳ではないのだが、いかんせん未だにクラフトビール業界では“限定醸造ビール”が流行ってるだけに、メニューで並べると推しが弱く感じてしまうので、斬新なビールを!!と、勝手ながら醸造に興味がないビアっぷるの勝手なワガママを言ってみましたwww。まぁ、ビールバランスがしっかりされてる人気のブルワリーさんですから何か新たな展開でも考えてらっしゃる!?、のかもなぁ~?という事で今後のビールも要チェックではありますが、毎度期待してるビアっぷるでした( ´∀`)

はい、という事で今回は、大阪は北堀江にあるMarca Brewingさんより、「Hazy IPA(ヘイジーIPA)」をご紹介しました。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね! 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る