【静岡】West Coast Brewing:OCEAN RIDE(オーシャン・ライド)を樽で飲みました~

WEST COAST BREWING(ウエストコーストブルーイング)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんから、「OCEAN RIDE(オーシャン・ライド)」を樽で飲みましたでご紹介したいと思います。ええ、過去ほとんどこのブログで紹介してないビアスタイルのESB(エクストラスペシャルビター)。実はこれビアっぷるがあまり好まないビアスタイルなんですよね。ただ、ウエストコーストさんなら…という事で、思い切ってパイントで飲んでみました(・_・;)

『West Coast Brewing』OCEAN RIDE(オーシャン・ライド) 詳細

ビール名:OCEAN RIDE(オーシャン・ライド)
ビアスタイル:ESB(エクストラスペシャルビター)
アルコール度数:5.0%
IBU:???
URL:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)

コチラがその「OCEAN RIDE(オーシャン・ライド)」のビール画像です。

ウエストコーストブルーイング(OCEAN RIDE)

「OCEAN RIDE(オーシャン・ライド)」飲み応えレビュー

見た目は、やや赤みがかった茶色でクリアさがいいですね。
香りは、パモルト全開ながら嫌味な感じがないのが意外にも心地よさを感じる。
飲み口は、ホップの苦味は飲み込んだ後に舌奥で残る感じもスッと消える絶妙なタイミング。また求めてる甘さ?というよりは多分モルトの甘さが引き立ってる感じで“大人な甘さ”が、ビールレベルの高さをまざまざと感じさせる味。ボディはライトで飲みやすく、ESBは苦手なビールばかりでしたが、このESBはかなり好みな方なビールでした^^

この「OCEAN RIDE(オーシャン・ライド)」ですが、ホップはサイトに表記がなく無念…。そしてモルトを大量に使用してるのだが、今までのESBと何が違うか?まず前提がモルティなビールが好みのビアっぷるですが、ことESBに関しては好みなビールがほとんどなく記憶にも残ってない。このビールに関しては、飲み込んだ後の甘さがカラメル過ぎる感じや、独特な香りが微妙だったの感じがない。また、モルトの甘さが絶妙でここから更に甘くなるでしょう…というとこからスッと消えて、入れ替わりでホップの苦味が後から追いかけてくるも、舌奥で少し苦味を感じながらこれもスッと消える。更に鼻から抜けるフレーバーはモルティ過ぎず絶妙なバランスと感じました。もちろんドリンカビリティか?というのや、今後ずっと飲むか?というのとは意味が違うが、ESBというビアスタイルに関しては、ビアっぷるの中では素晴らしいビールと思いました。

気になるWEBフライヤーは…

そして、勝手に恒例のフライヤータイムですね!今回は…

ウエストコーストブルーイング(OCEAN RIDE)_フライヤー1

はい、今回は燈台を背にホップさんが海岸沿いを自転車に乗って風を切って軽快に走ってるイメージが伝わりますね~☆。で、この後ろに着いていけばきっとホップの香りが漂い…ビアっぷるならソラチエースならイチコロですねwww。またちょっと違和感を感じたのは、ホップさんの足はこんなに長いのか!?www。ええ、そういうのもアリですよね☆っていつもこのフライヤーで楽しませてもらってるビアっぷるでした(^_^;)

あ、一応伝えておきますが何度もこのブログでお伝えしてるが決して回し者ではありません。そして色眼鏡で感想を伝えてる訳でもなく冷静に自身の舌で味わい、好みではないビールは素直にお伝えしていますのでそこは悪しからず。ただ、約10年クラフトビールを飲んできて良い意味でビアスタイルの概念を覆される事が多く感じてしまうブルワリーさん。嗜好品だけに色々な感想があるのも当然の世界と思ってますが、ビアっぷるの舌にはしっくりきます。今後も苦手なビアスタイルでもウエストコーストさんなら、1回は必ず飲んでみようと決めてるブルワリーさんでした( ´∀`)

はい、という事で今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんから、「OCEAN RIDE(オーシャン・ライド)」をご紹介しました。舌は十人十色で自身の舌で確かめるのが一番です。皆さんも機会があれば、是非飲んでみてくださいね! 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る