NORTH ISLAND BEER(ノースアイランドビール):「NEW ENGLAND IPA(CITRA & HUELL MELON ver.)」を樽で再飲しました~

ノースアイランドビール(ロゴ)1

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、北海道は札幌にある『NORTH ISLAND BEER(ノースアイランドビール)』さんより「NEW ENGLAND IPA(CITRA & HUELL MELON ver.)」を樽で再飲したのでご紹介したいと思います。約1年振りのノースさんのニューイングランドIPAですが、ドイツホップの“フルメロン”が気になり飲んでみました^^;

ビール名:NEW ENGLAND IPA(CITRA & HUELL MELON ver.)
ブルワリー:NORTH ISLAND BEER(ノースアイランドビール)
スタイル:ニューイングランドIPA
アルコール度数:6.0%
IBU:???
URL:NORTH ISLAND BEER(ノースアイランドビール)

コチラがその「NEW ENGLAND IPA(CITRA & HUELL MELON ver.)」のビール画像です。

NORTH ISLAND BEER(ニューイングランドIPA(CITRA & HUELL MELON ver.)

見た目は、濁りがあり鮮やか過ぎるほど鮮やかで黄色。
香りは、ニューイングランド感全開のジューシーさを感じさせる爽やかさ。
飲み口は、苦味ですががスーッと消える苦さがノースアイランドさんらしくないと思いましたが、ビアっぷるにはこのくらいがベスト。味はメロンっぽいと言われればメロンな気もするが、このホップの味だと思うがビアっぷるには微妙かな…ボデ区はややミディアムだが飲みやすい。苦味を乗り越えれただけに、残念だがビアっぷるの好みではありませんでした^^;

はい、この「NEW ENGLAND IPA(Citra&Fuell Melon Ver.)」ですが、ホップはシトラとドイツ産の古めトンを使ったニューイングランドIPA。フルメロンというだけあって、程よくメロンの香りがするのはわかりましたが、味にそこまで影響はない感じでした…^^;

ビアスタイルがニューイングランドIPAとの事で、未だに人気が衰えないニューイングランドIPA。日本ではかなり根付いてきましたし、ノースさんに限りませんが毎年醸造されてますよね。むしろニューイングランドIPAを醸造する方が完売になりやすい!?www。と思えるほど、ビアバーでもサイクルが早く出てますからね。

ビアっぷるは元々IPAが苦手なのですが、ホップが嫌いではありませんでした。ただ、あの独特な苦味がニューイングランドIPAだとブルワリーさんにもよりますが、かなり抑えられて且つジューシーさを出してる事があります。これであればホップも感じれるし、ジューシーさで飲みやすく飲める可能性の高いビールが出てくるのでニューイングランドIPAは好みです。

ノースさんのfacebookには“新品種のホップを輸入した”との事ですので、ノーズアイランドさんらしい苦味があるIPAとは異なりますが、勝手な期待としてはニューイングランドIPAのホップ別ver.を醸造して欲しいですね!そしてどんなホップが出てくるのか興味津々のビアっぷるでした( ´∀`)

はい、という事で今回は北海道は札幌にある『NORTH ISLAND BEER(ノースアイランドビール)』さんより「NEW ENGLAND IPA(CITRA & HUELL MELON ver.)」をご紹介しました。皆さんも機会があれば、フルメロンというホップを味わってみて下さいね!

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る