『箕面ビール(みのおビール)』から毎年恒例の「国産桃ヴァイツェン(早生)」を樽で飲みました~

箕面 ロゴ

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、大阪の『箕面ビール』さんが毎年恒例で醸造している
『桃ヴァイツェン』を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。
箕面ビールさんの中でも超人気のビールですね。
和歌山の八旗農園「あら川の桃」をふんだんに使われたという桃ヴァイツェンで今回のバッチは第一弾で『早生』ですね。

ビール名:桃ヴァイツェン(早生.ver)
ブルワリー:箕面ビール
スタイル:ヴァイツェン
アルコール度数:5.0%
URL:箕面ビール
facebook:箕面ビール

それでは「国産桃ヴァイツェン(早生)」
のビール画像はコチラです。

見た目はヴァイツェンですしやや濁ってる感じですね~
香りは毎年思うがちゃんと桃の香りが芳醇でフルーティーとホントこのビールは素晴らしいと思います。
飲み口ですが、ヴァイツェンの重さを感じさせないまま、
桃の甘味と酸味がしっかり感じれますが酸味の方がやや上回ってるかな。
それでもすっきりさっぱりで飲みやすいビール。
収穫時期の違いで桃が変わりますが第一弾の『早生』は非常に美味しいですね~
ビアっぷるは桃を使ったビールでは1番好みです^^

しかし毎年安定の味を出してくるそれがまた凄い。
正直、『桃』を使ったビールは他のブルワリーさんでそれなりにあるのですが、
ビアっぷるがいくつか候補が出る桃ビールは香りも味も桃感が足りないんですよね…
これって桃の量が箕面さんに比べて少ないのか?
それとも桃自体の甘味や香りが低いのか?それとも醸造の技術の問題か?は、
解りませんがこの箕面ビールさんの桃ヴァイツェンは、毎年桃の香り、桃の味わいと甘味、そしてビールとのバランス、
どれをとっても断然箕面ビールさんの桃ヴァイツェンは素晴らしい。
やはり『桃』なら桃!、『マンゴー』ならマンゴーとちゃんとフルーツの香りや味わいを出して欲しいなぁ~(^^ゞ

はい、今年も箕面ビールさんの桃ヴァイツェン争奪戦が始まっており、知り合いのビアバーでは樽が取れなかった…と。
このビールがあるないでこの時期は客入りも変わるはずですしね。
これから第2弾、第3弾と桃の種類が変わった桃ヴァイツェンが出てくると思いますが、飲めたら是非飲んでおきたいですね(^.^)

はい、そんなこんなで今回は『箕面ビール(みのおビール)』さんから毎年恒例の
「国産桃ヴァイツェン(早生)」を紹介しましたが何だかんだで風物詩みたいなものですし、
皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、
情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、
日々ビアバーを飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールは嫌いでした。
が、クラフトビールに出会い、
強烈な衝撃を受け一気にハマりました。
基本的に樽でしか好まず、缶・ボトル、
そして海外のビールは好みません。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが、
1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、
ブログでお伝えできればと思っています。

因みに素人のブログですので文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 反射炉ビヤ ロゴ2
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県伊豆の国市にある『反射炉ビヤ』さんか…
  2. 伊勢角屋麦酒(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 先日、このブログで紹介した東京の八重洲にできた『伊…
  3. 秋田あくらビール(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、秋田県秋田市にある『秋田あくらビール』さん…
  4. 京都醸造(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は滅多に飲まないブルワリーさんのコラボビールが…
  5. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今週水曜に深海晶(しんかいあきら)こと新垣…
ページ上部へ戻る