『箕面ビール(みのおビール)』から毎年恒例の「国産桃ヴァイツェン(早生)」を樽で飲みました~

箕面ビール ロゴ1

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、大阪の『箕面ビール』さんが毎年恒例で醸造している
『桃ヴァイツェン』を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。
箕面ビールさんの中でも超人気のビールですね。
和歌山の八旗農園「あら川の桃」をふんだんに使われたという桃ヴァイツェンで今回のバッチは第一弾で『早生』ですね。

ビール名:桃ヴァイツェン(早生.ver)
ブルワリー:箕面ビール
スタイル:ヴァイツェン
アルコール度数:5.0%
URL:箕面ビール
facebook:箕面ビール

それでは「国産桃ヴァイツェン(早生)」
のビール画像はコチラです。

見た目はヴァイツェンですしやや濁ってる感じですね~
香りは毎年思うがちゃんと桃の香りが芳醇でフルーティーとホントこのビールは素晴らしいと思います。
飲み口ですが、ヴァイツェンの重さを感じさせないまま、
桃の甘味と酸味がしっかり感じれますが酸味の方がやや上回ってるかな。
それでもすっきりさっぱりで飲みやすいビール。
収穫時期の違いで桃が変わりますが第一弾の『早生』は非常に美味しいですね~
ビアっぷるは桃を使ったビールでは1番好みです^^

しかし毎年安定の味を出してくるそれがまた凄い。
正直、『桃』を使ったビールは他のブルワリーさんでそれなりにあるのですが、
ビアっぷるがいくつか候補が出る桃ビールは香りも味も桃感が足りないんですよね…
これって桃の量が箕面さんに比べて少ないのか?
それとも桃自体の甘味や香りが低いのか?それとも醸造の技術の問題か?は、
解りませんがこの箕面ビールさんの桃ヴァイツェンは、毎年桃の香り、桃の味わいと甘味、そしてビールとのバランス、
どれをとっても断然箕面ビールさんの桃ヴァイツェンは素晴らしい。
やはり『桃』なら桃!、『マンゴー』ならマンゴーとちゃんとフルーツの香りや味わいを出して欲しいなぁ~(^^ゞ

はい、今年も箕面ビールさんの桃ヴァイツェン争奪戦が始まっており、知り合いのビアバーでは樽が取れなかった…と。
このビールがあるないでこの時期は客入りも変わるはずですしね。
これから第2弾、第3弾と桃の種類が変わった桃ヴァイツェンが出てくると思いますが、飲めたら是非飲んでおきたいですね(^.^)

はい、そんなこんなで今回は『箕面ビール(みのおビール)』さんから毎年恒例の
「国産桃ヴァイツェン(早生)」を紹介しましたが何だかんだで風物詩みたいなものですし、
皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る