『南信州ビール』から限定醸造の「アップルホップ 5種ブレンド」を樽で飲みました〜

南信州ビール(ロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、ビアっぷるがクラフトビールを飲み始めたくらいにドハマりしたビールの
ブレンドバージョンとなる『南信州ビール』さん限定醸造の「アップルホップ 5種ブレンド」
を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。
しかし、林檎5種はシナノゴールド、シナノスイート、つがるまでは想像できたがフジと王林までも使用されてるのは恐れ入りました^^;

ビール名:アップルホップ5種ブレンド
ブルワリー:南信州ビール
スタイル:フルーツビール
アルコール度数:6.5%
URL:南信州ビール
facebook:南信州ビール

こちらがその「アップルホップ 5種ブレンド」のビール画像です。
南信州ビール(アップルホップ 5種ブレンド)
見た目は林檎を5種類ブレンドしても少しフジの色が出てるくらいで基本的には黄色味が強いですね。
香りは5種類ブレンドしたにも関わらずアップルホップとわかる良い香りですね。
飲み口は、林檎の種類を見る限り酸味が強く出るのは想像ができた酸っぱさ。
また甘味は少なめでも林檎のジューシーさがしっかり出ており5種使ってるに関わらず
アップルホップとしての味がブレておらずビアっぷるは好みな方。ただ、、、。それは後ほど^^;

この「アップルホップ 5種ブレンド」ですがアップルホップマニアだったビアっぷるからいうと、
ちょっと驚きのビールなんですよね。3~4年前かな?
当時は林檎の種類は憶測だが『りんご3兄弟(シナノスイート、シナノゴールド、秋映)』というのもあった。
これはこれで“ふじ”と“王林”の2巨塔は間違いなく使用されてなかったが、
今回噂で「アップルホップ 5種ブレンド」が出ると聞いた時に、
林檎の獲れる時期や天候もあるのだが勝手ながら“ふじ”と“王林”の2大巨塔は入ってないだろうと思ってたが、
何の何の蓋を開けてみればシナノスイート、シナノゴールド、つがる、ふじ、王林という事で、
まさかの“ふじ”と“王林”の2大巨塔が入ってるのは驚いた(@_@)

驚いてる理由ですがここ数年でも南信州さんのアップルホップでフジはそれなりに出てるものの、
ビアっぷるが一番好みの『王林』に関してはビアバーで繋がるところが少かった。
ビアバーの店長にお聞きしたら『王林の収穫量が少ないらしい』というのをお聞きし仕方ないと思ったが、
ここで5種ブレンドの中に入れられてしまうなら単体で『王林を出してほしい!!』というのが本音。
まぁ、収穫量が少ないからこそ5種にブレンドして出す…というのもあると思ってるビアっぷる^^;

今やビアっぷるは『王林』しか飲まなくなりましたが「アップルホップ 5種ブレンド」の中に
王林があるなら飲むしかないでしょうという事で飲みましたが好みな方だったが、やはりビアっぷるの中で“王林”が不動ですね~
うん、懐かしく思いますがホント昔よく飲んだアップルホップの味は覚えてるもんだなぁ…これこれ、と思いながら飲んではいました。

少し話は逸れますがこの時代はブルワリーさんもまだ少なく伊勢角屋麦酒、湘南ビール、富士桜、箕面ビール、
あくらビール、いわて蔵、志賀高原、大山Gビール、COEDOさん辺りが行きつけのビアバーで繋がっており、
飲めるビールが少なかったビアっぷるには唯一好みなビールで南信州さんのアップルホップが“神的”な存在でした。
ホント当時どんだけアップルホップを飲んだ事かwww

もう今や先に書いたブルワリーさんのビールは飲まなくなりましたが、
各々定番ビールをしっかり持ってるブルワリーさんだけにビールの造りもしっかりでちゃんと残ってます。
さすがですが、南信州さんにも今後も『アップルホップ』は造り続けてもらいたいですね^^

はい、という事で今回は『南信州ビール』から限定醸造の「アップルホップ 5種ブレンド」を樽で飲みました。
非常に飲みやすいビールですし皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

最後に『ビアナビ』には他にも最新のビール情報やイベント情報、
ブルワリー情報など紹介してますので宜しければ他にも見て下さいね~

今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールそのものが嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. Be Easy Brewing(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、青森県は弘前市にある『Be Eas…
  2. 常陸野ネストビール(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、もうクラフトビール業界では有名過ぎ…
  3. 秩父麦酒(ロゴ2)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は埼玉県は秩父市にある『秩父麦酒…
  4. 浜松クラフトビアフェス2019 in ソラモ(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。  はい、今回で第2回目となる『浜松…
  5. T.Y.HARBOR BREWERY(ティー・ワイ・ハーバー・ブルワリー)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、東京都品川区にある『T.Y.HAR…
ページ上部へ戻る