『のぼりべつ地ビール鬼伝説 × 伊勢角屋麦酒』の限定醸造コラボビール「NEW賢島2」を樽で飲んでみました~

鬼伝説×伊勢角 賢島2

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、大人気でアッという間に無くなるという
『のぼりべつ地ビール鬼伝説』さんと『伊勢角屋麦酒』さんとの
限定醸造コラボビール「NEW賢島2」を樽で飲めましたので
ご紹介したいと思います。勝手ながらビアっぷるからしたら、
『金鬼ペールエール×Neko Nihiki』って感じですね…
好みかなぁ?という気持ちで飲んでみましたwww

ビール名:NEW賢島2
ブルワリー:のぼりべつ地ビール鬼伝説×伊勢角屋麦酒
スタイル:ニューイングランドIPA
アルコール度数:7.0%

で、「NEW賢島2」のビール画像はコチラ。

見た目はニューイングランドスタイルらしい濁り系だが
オレンジ色って感じではなかったですね。
香りはジューシーさにトロピカル感を感じたので期待度アップ。
そして飲み口ですが、鬼伝説さんだけに甘味がないと思ってたが、
伊勢角さんとのコラボという事が程よい甘味が出てましたし、
思ったより苦味はやや抑えめ。
また、ジューシーさの中にあまり見た事がない“とろみ”感があったが
どうやら『ライ・オーツ』等を使用した事から
とろみ感が出たらしい?(@_@)
良い意味で期待を裏切られビアっぷるは好みな方でした^^;

しかし、この「NEW賢島2」との事で『NEW賢島(かしこじま)』という
元祖があったそうだが知らなかったwww
その『NEW賢島(かしこじま)』はスタイルが『ラガー』!?なのに
ニューイングランドスタイルを思わせる造りだったそうです。
が、今回は間違いなくニューイングランドスタイルですね!

えっと、鬼伝説さんの中で濁り系は、
NEW湯煙WIPA
NEW大湯沼IPA
をこのブログで紹介してますが、
ビアっぷるは鬼伝説さんが苦手と言いながらそれなりに飲んでますねwww
はい、今までの中で今回の「NEW賢島2」が1番好みかな^^;

鬼伝説さん、伊勢角屋麦酒さんのビールで好みが
極端に少ないビアっぷるですが両ブルワリーさんがコラボした
ビールで好みが出てくるとブルワリーさん同士の技術(相乗効果)で
新たなビールが生まれるんだな。と、改めて実感しました(^^)
また、機会があれば「NEW賢島2」を飲んでみたいですね。

そんなこんなで今回は『鬼伝説 × 伊勢角屋麦酒』の
限定醸造コラボビール「NEW賢島2」を紹介しましたが、
皆さんももし見つけたら是非飲んでみてくださいね~

今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ日本のクラフトビール歴史は浅いが国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。性格的に醸造には丸っきり興味はないが、“好みは人それぞれ・人の舌は十人十色”を基本に飲み手として独自の感想(レビュー)を書かせて頂いてます。1人でも多くの方が国内のクラフトビールも海外と負けてないんだ、そして色々なビアスタイル(種類・味わい)がある事に興味を持って頂ける様ご紹介できればと思っています。長きに渡り毎日欠かさず投稿していますので、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. ジョウゾビアベース(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、徳島県は阿南市にある『JouZo …
  2. 寒菊ブルワリー(ロゴ)_01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、千葉県は山武市にある『Kankik…
  3. シュレッドビールカンパニー(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、海外ビールとなりますがこのブログで…
ページ上部へ戻る