北海道のぼりべつ地ビール鬼伝説の限定醸造「New大湯沼IPA」を樽で飲んでみました~

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、GW期間中はいつもより飲みまくるビアっぷる。
今回はこれもタイミングが合わず飲めてなかった
鬼伝説の「New大湯沼IPA」を樽で飲んでみました。

ビール名:New大湯沼IPA
ブルワリー名:のぼりべつ地ビール鬼伝説
スタイル:ニューイングランドIPA
アルコール度数:7.5%
IBU:34

「New大湯沼IPA」の画像はコチラ。

色は鮮やかなオレンジでビアっぷるの中で、
これぞニューイングランドIPAの色!www
香りはジューシーで華やかさもあり良い香り。
飲み口は、香りとは裏腹に苦味を感じて甘さ控えめ。
水っぽくはなかったが…はい、ビアっぷるの好みではない^^;
が、これかなり大人気のビールで即完売率が高いらしい。
ビアっぷるにはこのビールの良さがわからないのが残念でならない><

しかし『大湯沼』って…
調べたら『周囲約1キロmで深さ22mのひょうたん型をし、
灰黒色で硫黄の香りと上記が立ち上る湯の沼』との事。
このビール名はニューイングランドIPAの濁りに、
洒落の効かせたビールという事で勝手に完結するビアっぷるwww

因みにビアっぷるは鬼伝説さんのビールはほぼ飲みません。
・金鬼ペールエール
・金鬼SSSペールエール
は、ビアバーでかなり人気のビールというのも知ってます。
もちろん飲んだ事もありますがどちらも苦手…
大人気のビールという事で舌が慣れるだろうと、
無理繰りパイントで何度も飲んでましたが全く慣れない…
味よりホップの苦みが合わない。。。
飲めないなんて損をしてるとビア仲間によく言われました^^;
まぁ、舌は人それぞれですからね~

話は戻して皆さんも機会があればNew大湯沼IPAを飲んでくださいね!
今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビで管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約9年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手さんのビールが苦手でビールそのものも嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
は、絶対大切な事だと思っております。

このブログをきっかけに、全世界のビールファンが1人でも多くビールにも色々な種類や味があるという事と、日本国内のクラフトビールに興味を持ってもらえる様お伝えできればと思っています。因みに企業ではなく、素人のブログですので文章力はともかく内容がおかしい場合はできる限り温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 箕面ビール(ロゴ2)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、大阪は箕面市にある『箕面ビール』さ…
  2. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、秋田県仙北市にある田沢湖ビールさん…
  3. SNOW MONKEY BEER LIVE 2020(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 さて、もう毎年恒例となって大人気のビアイベ…
  4. ロコビア(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、千葉県は佐倉市にあるロコビア(Lo…
  5. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、神奈川県は横浜市にある『Numbe…
ページ上部へ戻る