【長野】AJB(anglo japanese Brewing):「コーヒーインペリアルミルクスタウト(リアルエールver.)」を樽で飲んでみました~

AJB ロゴ

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、長野県は下高井郡にある『AJB(anglo japanese Brewing)』さんから、「コーヒーインペリアルミルクスタウト(リアルエールver.)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。まさかの“リアルエールver.”が飲めるのは想定外でしたが、多少苦手でも飲んでみました~( ´∀`)

anglo japanese Brewingg(イメージ03)

『AJB(anglo japanese Brewing)』コーヒーインペリアルミルクスタウト(リアルエールver.) 詳細

ビール名:コーヒーインペリアルミルクスタウト(リアルエールver.)
ブルワリー名:AJB(anglo japanese Brewing)
スタイル:ミルクスタウト
アルコール度数:8.5%
IBU:???
URL:AJB(anglo japanese Brewing)
facebook:AJB(anglo japanese Brewing)

こちらが、その「コーヒーインペリアルミルクスタウト(リアルエールver.)」のビール画像です。

anglo japanese Brewing(コーヒーインペリアルミルクスタウト(リアルエールver.))

コーヒーインペリアルミルクスタウト(リアルエールver.)」飲み応えレビュー

見た目は、泡はなく真っ黒で見た目では濃厚さを感じました。
香りは、コーヒーのローストされた香りがふんわりという感じ。
飲み口は、ホップの苦味は控えめでローストの苦味も予想以上に控えめ。また、求めてる甘さはちょっとわからなかったが、甘すぎない感じでラクトースの甘さが立ってるかな。口当たりは優しく滑らかな感じ、ボディはミディアムと思いきや意外にもライト寄り。ビアっぷる的にはもう少しコーヒー感が欲しい感じではあったが、それでも好みな方のビールでした^^;

King Kong Knee Drop(キングコングニードロップ)との比較…

この「コーヒーインペリアルミルクスタウト(リアルエールver.)」ですが、ホップは残念ながらわからず。また通常ver.のビールコメントには『コーヒーの後にチョコやバニラを感じ、“カフェモカ”の様な飲み口』との事だが通常ver.を飲んでないので比べようがないwww。が、深煎りのコーヒーではない軽めのコーヒー感が口の中で余韻としても残った印象ですね。やはりAJBさんと言えばビアっぷるは『King Kong Knee Drop(キングコングニードロップ) 窒素ver.』が断然好み。同じインペリアルスタウトとはいえバレルエイジドのビールとはコクやボディのどっしりさはかなり違いますね。ただ、今回の方が薄くは感じるもののコーヒーの存在もあるしラクトースのバランスも良く感じた。そして何よりリアルエールver.ではなかなか飲めなそうなビールで飲めただけでも感謝感謝とも思っています。また飲める機会があるのであれば是非もう1度飲んでみたいですね~( ´∀`)。

はい、という事で今回は、長野県は下高井郡にある『AJB(anglo japanese Brewing)』さんから、「コーヒーインペリアルミルクスタウト(リアルエールver.)」をご紹介しました。リアルエールver.で無ければ飲める気はしますが、もし同じバージョンが飲めたら皆様も是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る