【長野】AJB(anglo japanese Brewing):「King Kong Knee Drop(キングコングニードロップ) 窒素ver.」を樽で飲んでみました~

AJB ロゴ

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、長野県下高井郡にある『AJB(anglo japanese Brewing)』さんから 「King Kong Knee Drop(キングコングニードロップ) 窒素ver.」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。昨年飲み逃したビールですが、今年飲めると思ったら、まさかの“窒素ver.”とは意外な展開でしたがwww
そして強そうなビール名だけにアルコール度数は9.5%で間違いなく飲み過ぎ注意なやつですね…^^;

ビール名:King Kong Knee Drop(キングコングニードロップ) 窒素ver.
ブルワリー名:AJB(anglo japanese Brewing)
ビアスタイル: インペリアル・スタウト
アルコール度数:9.5%
IBU:??
URL:AJB(anglo japanese Brewing)
facebook:AJB(anglo japanese Brewing)

こちらが「King Kong Knee Drop(キングコングニードロップ) 窒素ver.」のビール画像です。

anglo japanese Brewing(キングコングニードロップ窒素ver.)

見た目は、ややツヤ感もあるが真っ黒。
香りは、キャラメルやバニラ等の甘さを程よく感じる。
飲み口は、カカオの感じか大人の苦味がしっかり残るが、毎度ビアっぷるが求めている“甘さ”もしっかり出ている。ボディはヘビーで超どっしりながら窒素ver.だからか口当たりが柔らかく凄く飲みやすい。鼻から抜ける感じもキャラメルやチョコーレート感全開ですし、温度が上がって更に甘ったるい甘さではなく大人の甘さが出てきて、ややアルコール感も出てきますがビアっぷる的には非常に好みのビールでした( ´∀`)

えっと、この「King Kong Knee Drop(キングコングニードロップ) 窒素ver.」ですが、イチローズモルトのバーボン樽で仕込まれたバレルエイジドインペリアルスタウトの様ですね。かなり濃厚なビールでチョコーレートやバニラ、キャラメル等などが良い意味で混ざり合いバランスもしっかり。そしてホップの苦味ではないカカオの苦味が最後に出てくるのが後を引いて良いポイントになってますね。これはどっしり系ですのでゆっくりじっくり温度を上げながら楽しんでもらいたいビール!あ、今回のご紹介は窒素ver.なので口当たりも柔らかくまろやかになってる部分も感じら非常に飲みやすかったのでが、通常ver.を飲んだ事がないビアっぷるですので比較できないのは恐縮です…(^^ゞ

久しぶりにAJBさんのビールを飲みましたが、モザイクホップ全開のIPAで苦いビールが多いイメージのあるブルワリーさんで、ビアっぷるには好みが少ないのですがこのビールは過去AJBさんの中で一番好み。ビアスタイルが替わって好みのビールが出てくるのもクラフトビールの醍醐味。どこかでタイミングが合えば通常ver.も飲んでみたいな~( ´∀`)

はい、という事で今回は長野県下高井郡にある『AJB(anglo japanese Brewing)』さんから 「King Kong Knee Drop(キングコングニードロップ) 窒素ver.」ををご紹介しました。皆さんも見かけた際には是非飲んでみて下さいね~、そして飲み過ぎ注意です!

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る