Shacksbury(シャックスバリー)×Modern Times(モダンタイムス):コラボCider「Ping Pong(ピンポン)」を缶で飲みました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、あまり好まない海外ビールだが諸事情により色々とありビールネタが増えてきており、今回は『Shacksbury(シャックスバリー)』さんと『Modern Times(モダンタイムス)』さんのコラボCiderとなる、「Ping Pong(ピンポン)」を缶で飲みましたのでご紹介したいと思います。まぁ色々とあり、ススメられたので飲んでみました~( ´∀`)

ビール名:Ping Pong(ピンポン)
ブルワリー名:Shacksbury(シャックスバリー)×Modern Times(モダンタイムス)
原産国:アメリカ
スタイル:Cider
アルコール度数:6.2%
IBU:???

こちらがその「Ping Pong(ピンポン)」のビール画像です。

Shacksbury×Modern Times(PingPong)

見た目は、リンゴジュースの様な透き通った薄い黄色。
香りは、リンゴもしっかり感じれながら爽やか。
飲み口は、ホップの苦くもなく、求めてる甘さもなく、酸味は控えめでコクもなく、更には水っぽく物足りない…。またボディはライトで味自体もリンゴ感はあるが香りとは相反してかなり控えめで、ビアっぷるの舌にはちょっと合わないかな。やはりCiderって苦手なのかな…と思いながら、残念ながら好みではありませんでした^^;

この「Ping Pong(ピンポン)」ですが、Ciderはあまり飲まないビアっぷるでコメントには困るが、ホップはシトラとアマリロを使われた様ですし、香りはCiderって感じで非常に興味を持ったが、味の部分があまりにドライ過ぎて…と思ったら、たまたま居たビア仲間から『これはドライホッピングを目的で造られたサイダー』との一言。しかも缶もロクに見てないビアっぷるでしたが、上の方に書いてますね『DRY HOPPED』ってwww。まぁ、ビアっぷるは基本的にCiderは好みませんが手法は別として好みか好みじゃないかで言うと、唯一『Hood to Fuji 2019 Part2』の記事内下部にある長野県はサノバスミスさんの『YAOYOROZU(八百万)』が好みですが、それとは全く違うCiderでしたwww。Ping Pong(ピンポン)を好まれる方も多くいるのでしょうが、この味を理解してあげれなく恐縮ではあります(^^ゞ

はい、という事で今回は『Shacksbury(シャックスバリー)』さんと『Modern Times(モダンタイムス)』さんのコラボCiderとなる「 Ping Pong(ピンポン)」を紹介しました。海外のCiderですがCiderに興味のある方は、機会があれば飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る