【鳥取】大山Gビール:「Wheat Wine 2019(ウィートワイン2019)」をボトルで飲んでみました~

大山Gビール(ロゴ1)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、鳥取県は西伯郡にある『大山Gビール』さんより、「Wheat Wine 2019(ウィートワイン2019)」をボトルで飲んだのでご紹介したいと思います。ビアっぷるが好きな熟成されたビールですが、高ハイアルコールで9.0%のビール。熟成期間は1年くらい?ですが、どんな感じか楽しみです( ´∀`)。

『大山Gビール』Wheat Wine 2019(ウィートワイン2019) 詳細

ビール名:Wheat Wine 2019(ウィートワイン2019)
ブルワリー:大山Gビール
ビアスタイル:ウィート
アルコール度数:9.0%
IBU:40
URL:くめざくら大山ブルワリー
facebook:Daisen Brewery(大山ブルワリー)

こちらがその「Wheat Wine 2019(ウィートワイン2019)」のビール画像です。

大山Gビール(ウィートワイン2019)_ボトル01
大山Gビール(ウィートワイン2019)_ボトル02

「Wheat Wine 2019(ウィートワイン2019)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある黄色というよりは山吹色と言えばいいかな?
香りは、ホップがほんのりでフルーティーさが全開!
飲み口は、ホップの苦味はあるものの柔らかい苦さで優しい。また、求めてる甘さも感じつつモルトの甘さに加えフルーティーなフレーバーもしっかり残る中で余韻も十分。ビールバランスが絶妙でボディはヘヴィ、ややトロみがありコクもしっかりで飲み応え十分。また、温度が上がると少し甘さが増してる感じとより香りが立ってきたかな。非常に飲みやすく、ゆっくり嗜める感じでビアっぷるには好みな方のビールでした^^

大山Gビール(ウィートワイン2019/ボトル)_イメージ01

この「Wheat Wine 2019(ウィートワイン2019)」ですが、ホップは…わからずですね。ただ定番にはならずとも準定番ビールという感じで毎年醸造されてるビールだったかな?2016年頃に樽生で飲んだ記憶があるが、今回ビア仲間からボトルでのプレゼントという事から飲めるに至った訳ですが、やはり何だろうなぁ?、飲み急いでる訳ではないがこの飲んでる際に落ち着いてゆっくり飲めるビール感。アルコール度数9.0%でも飲みやすく、余韻もしっかりあり1杯で十分満足できる。と言っても過言ではないこの充実感は老舗大山Gビールさんの底力を感じますね~

ボトルでも推したいビール!

このビールであればボトルでも十分良さを感じれたし、香りもしっかり立っていた。でもちろん樽との飲み比べができる機会になったら是非試してもらいたい。またボトルの画像を見てもらってもわかる通り、1年熟成だからか?栓の箇所が“ゴールド”で覆われてるのも高級感が出てますね!単純なビアっぷるですが、新型コロナで家に居るだけというのも何か疲れますが、これだけでもテンションが少し上がりましたよwww。今はほとんどの方が“宅飲み”の状況だと思います。これを機に是非このビールをボトルでお勧めしたく飲んでみてもらいたいですね!ビアっぷるも大山さんのオンラインショップであれば購入できるならば、買ってみようかな~( ´∀`)。

はい、という事で今回は、鳥取県は西伯郡にある『大山Gビール』さんより、「Wheat Wine 2019(ウィートワイン2019)」をご紹介しました。樽派のビアっぷるが是非“ボトル”でも!と推したいビールだけに皆さんも機会があれば飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る