【東京】なまちゃんブルーイング:「なまちゃん堂の苺大福」をボトルで飲んでみました~

なまちゃんブルーイング(ロゴ)_02new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、東京は豊島区にある『Namachaん Brewing(なまちゃんブルーイング)』さんから「なまちゃん堂の苺大福」をボトルで飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『CAMA×NAMA4IPA』とカマドさんとのコラボでしたが、今回はビア仲間のプレゼントで飲める事になった魅力的な“苺大福”なビール🍺✨。さて、どんな再現をされてるのか非常に楽しみです😄 

なまちゃんブルーイング(なまちゃん堂の苺大福)_イメージ01

『Namachaん Brewing(なまちゃんブルーイング)』なまちゃん堂の苺大福 詳細

ビール名:なまちゃん堂の苺大福
ブルワリー:Namachaん Brewing(なまちゃんブルーイング)
ビアスタイル:Japanese pastry
アルコール度数:6.0%
IBU:???
サイトURL:Namachaん Brewing(なまちゃんブルーイング)
facebook:Namachaん Brewing(なまちゃんブルーイング)

こちらがその「なまちゃん堂の苺大福」のビール画像です。

なまちゃんブルーイング(なまちゃん堂の苺大福)_ボトル01
なまちゃんブルーイング(なまちゃん堂の苺大福)_ボトル02

「なまちゃん堂の苺大福」飲み応えレビュー

見た目は、くすみのあるやや明るめなブラウンという感じかな
香りは、甘さのある程よいイチゴチョコの様な感じ
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性はそこまでないかな。また求めてる甘さはない。そしてホップ感は見事に消えてる印象だが、正に苺大福を彷彿とさせるイチゴ+あんこのフレーバーから共に味でも苺大福と再現力が素晴らしい。飲み後には甘ったるくない甘さと、絶妙なあんこの余韻もたまらない。ボディはミディアム寄りのライトで飲みやすく飲み応えもあり。温度上昇と共に苺大福感もUPする反面飲み飽きる感じも…それでもビアっぷるは好みな方のビールでした✨

“苺大福”の再現率が極めて高いビール

この「なまちゃん堂の苺大福」ですが、先ず“飲める和菓子の専門店『なまちゃん堂』”という事で、日本でつくるスイーツビールならば”和菓子”をイメージし今後も醸造されるそうですね😍。さて、今回は苺大福との事ですが…使用されたホップの種類はわからず。またその他原材料には、苺を30kgとあんこ&小豆をこれまた30kg投入し、ウィートエールをベースに醸造されたジャパニーズペイストリービールとの事。これ正に苺大福ビール🍺!という感じで、苺のフレーバーや小豆やあんこの味の再現率の高さに加えビールを忘れてないのも素晴らしく感じたし驚いたビアっぷる😵✨。唯一好みは人それぞれだが気になったのは、やや甘党のビアっぷるでも330mlで量を多く感じてしまい飲むにつれ飽きがきた😅。甘さやボディ感は絶妙なバランスと思えるし、軽くしても…ええ、これ以上技術的にどこをどうしたら途中から飲み飽きない感じに造るかはわからないビアっぷる😅。ただ、またなまちゃん堂から新しいビールがリリースされれば是非飲んでみたいと思わせるシリーズと思いました😁

はい、という事で東京は豊島区にある『Namachaん Brewing(なまちゃんブルーイング)』さんから「なまちゃん堂の苺大福」をご紹介しました。苺大福+ビールを見事に再現✨。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る