【神奈川】湘南ビール:「ピーチエール」を樽で飲んでみました~

湘南ビール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、神奈川県は茅ヶ崎市にある『Shonan Beer(湘南ビール)』さんより、「Peach Ale(ピーチエール)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は25周年を記念された『Helles(ヘレス)』でかなり好みでしたが、今回はあったの!?と思わせた桃ビール🍑🍺。老舗ブルワリーさんですし、飲める機会があったのですがどんな感じでしょうか😄

湘南ビール(ピーチエール/2021)_イメージ01

『Shonan Beer(湘南ビール)』Peach Ale(ピーチエール) 詳細

ビール名:Peach Ale(ピーチエール)
ブルワリー名:Shonan Beer(湘南ビール)
ビアスタイル:フルーツエール
アルコール度数:5.0%
IBU:12
URL:Shonan Beer(湘南ビール)
facebook:Shonan Beer(湘南ビール) なし

コチラがその「Peach Ale(ピーチエール)」のビール画像です。

湘南ビール(ピーチエール/2021)_01

Peach Ale(ピーチエール)」飲み応えレビュー

見た目は、ニゴニゴのトロみ感がありそうで深みのあるオレンジ黄色かな
香りは、いやはやネクターを思わせる甘やかで上品な桃感炸裂で桃!桃!🍑
飲み口は、ホップの苦味はややあり持続性も舌先でジワっと残る程度。また求めてる甘さはない。また、ホップフレーバーがアッという間に飲み込まれる程の桃フレーバーと桃の味がズドンとくる。そこから穏やかな苦味が少々と甘そうで甘くない感じもジューシーさが補ってる印象の絶妙さ。後味には桃の上品な余韻が続くのも好印象。ボディはミディアムで飲み応えもしっかり。全体的なバランスも素晴らしくトロみをやや感じ、濃さと深みのある桃ネクターでビアっぷるはかなり好みは方のビールでした✨

桃ビールとして…超好印象!

この「Peach Ale(ピーチエール)」ですが、詳細がほとんどないがホップは記載がなくわからず。また原材料には、福島県福島市大笹生の吟醸桃『あかつき』を贅沢に使用し、ラクトースを加え醸造されたフルーツエールですね。因みに湘南さんの桃ビールは初飲みでしたし、好みや感じ方は人それぞれも…あの箕面さんの『桃ヴァイツェン』に匹敵すると思った程の“濃さ”と“桃感”😍。ビール自体は当然湘南さんだけに文句なしですし、フルーツエールとは言え桃の存在感をしっかり残してのあの濃さは好印象。ビアっぷるはむしろこっちの方が好み!と言って過言ではないかな😁。ただ…まだ1度しか飲んでないのと、甘酸っぱさがある桃なら最高でしたが…そこは“あかつき”特有の桃質なのかな?😅。何れにせよ今後湘南さんも、桃の種類を変えてこのボディ感でピーチエールを醸造していけば…季節限定だけに風物詩ビールになってもおかしくないのでは!?。大袈裟かもですが勝手ながらメガヒットを予感してる桃ビールですが…はい、あくまでもビアっぷるの主観ですので悪しからず。そして是非次のバッチも絶対飲ませて頂きたいと思っているビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は神奈川県は茅ヶ崎市にある『Shonan Beer(湘南ビール)』さんから「Peach Ale(ピーチエール)」をご紹介しました。桃とボディがしっかり甘さ控えめフルーツエール。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る