【千葉】ロコビア:「スーパーセゾン2021」を樽で飲んでみました~

ロコビア(ロゴ)_03new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、千葉県は佐倉市にある『ロコビア(LocoBeer)』さんから「スーパーセゾン2021(Saison de Noël)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『ITALIANA PILSNER(イタリアンピルスナー)』でしたが、今回はアルコール度数9.0%のセゾン。さて、どんな感じでしょうか😄

ロコビア(トップ)_イメージ01

『ロコビア(LocoBeer)』スーパーセゾン2021(Saison de Noël) 詳細

ビール名:スーパーセゾン2021(Saison de Noël)
ブルワリー:ロコビア(LocoBeer)
ビアスタイル:ベルジャンスペシャリティエール
アルコール度数:9.0%以上
IBU:???
URL:ロコビア(LocoBeer)
facebook:ロコビア(LocoBeer)

こちらが「スーパーセゾン2021(Saison de Noël)」のビール画像になります。

ロコビア(スーパーセゾン2021)_01

スーパーセゾン2021(Saison de Noël)」飲み応えレビュー

見た目は、クリア感が強めなブラウン寄りという感じかな
香りは、セゾン酵母+独特なスパイシー感が素晴らしく好み!
飲み口は、ホップの苦味はややあり持続性としては舌奥でやや残るかな。また求めてる甘さはない。そして何かのスパイス?っぽさが個性的でも全体的に絶妙なバランスで超好ポイント。ただ、ホップの苦味とちょい渋みっぽさが気になり、欲しい甘さはない。そしてアルコール度数9.0%だが全く思わせない飲みやすさ。ボディはライトで好みは分かれるだろうが、残念ながらビアっぷるは好みではありませんでした💦

“スーパー”なセゾンって!?

この「スーパーセゾン2021(Saison de Noël)」ですが、今年で9年目のリリースとの事でシリアルナンバー入りと貴重の様です。因みにロコビアさんのセゾンスタイルもそうだが、ビアっぷるは初飲み。そもそもセゾンはクセ感が強かったりと好み好みじゃないのブレが大きい為、あまり好んで飲まないが…今回セゾンに“スーパー”が付いてればそりゃ気になります😅。そのビール内容は、ホップの記載がなく種類まではわからず。また原材料にはコリアンダーを中心にジンジャーやクミンシード、スターアニスにグレインオブパラダイス等など配合されたスーパーセゾンとの事。なるほど、この原材料の独自の配合でこの様な味になるのか…元のセゾン感+ビアっぷる的にはコリアンダー感が控えめなのと、ジンジャー感が見え隠れ程度のバランス、そしてアルコール度数9.0%を思わせない飲みやすさは特に好感を持てる好ポイントなスーパーなセゾン。ですが、残念ながら好みにまでは至らず😅。何故?となると…今年の国産セゾンスタイルの中ではヨロッコさんの『All You Need is Flower(オールユーニードイズフラワー)』がずば抜けて好み✨。言葉ではとても説明が難しいが、やっぱり何かがかなり違うんですよね…ええ、セゾンスタイルは独特な味が多かったりと、奥が深過ぎて改めて難しいなぁ…と感じたビアっぷるでした😵

はい、という事で今回は千葉県は佐倉市にある『ロコビア(LocoBeer)』さんから、「スーパーセゾン2021(Saison de Noël)」をご紹介しました。販売は750mlボトルのみ?の様ですがシリアルナンバー入りの貴重なスーパーセゾン🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る