【神奈川】TDM 1874 Brewery:「3rd Anniversary(サードアニバーサリー)窒素ver.」を樽で飲みました~

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、神奈川県は横浜市にある『TDM 1874 Brewery』さんの、「3rd Anniversary(サードアニバーサリー)窒素ver.」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。TDMさんがもう3周年を迎えましたか…神奈川県の十日市場にブルワリーができた!と言ってた時期が懐かしい。ホップの苦いビールが多いブルワリーさんですが、今や人気のブルワリーさんとなりましたね( ´∀`)。

TDM1874Brewery(イメージ03)

『TDM 1874 Brewery』3rd Anniversary(サードアニバーサリー) 窒素ver.

ビール名:3rd Anniversary(サードアニバーサリー)窒素ver.
ブルワリー名:TDM 1874 Brewery(ティーディーエム)
スタイル:ミルクスタウト
アルコール度数:9.4%
IBU:30
facebook:TDM 1874 Brewery(ティーディーエム)

コチラがその「3rd Anniversary(サードアニバーサリー)窒素ver.」のビール画像です。

TDM1874Brewery(3rd Anniversary)

「3rd Anniveresary(サードアニバーサリー) 窒素ver.」飲み応えレビュー

見た目は、真っ黒で泡はきめ細やかで綺麗ですね~
香りは、意外にも甘さがかなり立ってるが絶妙なバランスでGOOD。
飲み口は、ホップの苦味は喉奥で少し残る程度。また求めてる甘さは感じないが、加糖された甘さを凄く感じる。とはいえこの甘さがビアっぷるには甘ったるくないが、人に寄れば甘いという方もいそうな絶妙な量さと思う。アルコール度数が9.4%となかなかのハイアルコールだが窒素のおかげか口当たりがまろやかで、アルコール感も感じないほど飲みやすい。ボディはミディアムで飲み応えはあるものの、何かもう一押し欲しいと思い、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした^^;

この「3rd Anniversary(サードアニバーサリー)窒素ver.」ですが、ホップはわからず。ただ、甘さは副原料に“マシュマロ香料”を使っておりマシュマロ感を出された感じと、ローストしたカカオニブを使用してスイーツ感を高めたビールという事で出てきてるのかな?。まぁ、言われてみればマシュマロな感じもしなくもないが、それでいてアルコール度数9.4%…いや、3周年ビールにしては危険なビールを醸造されてますねwww。

『2nd Anniversary(セカンドアニバーサリー)』を飲んでた…www

そういえばふと思い出しすっかり忘れてましたが、TDMさんの『2nd Anniversary(セカンドアニバーサリー)』は飲んだんですよね~www。これは結構好みな方だったのですが、ビアスタイルはNEでしたね。今回はまさかのミルクスタウトでアルコール度数9.4%と攻めてる感じがいいですね。飲食店さんやブルワリーさんは特に大変な時期ですが、出来る限りビールを飲んでクラフトビール業界に貢献できればと思っています( ´∀`)。

はい、という事で今回は神奈川県は横浜市にある『TDM 1874 Brewery』さんと、「3rd Anniversary(サードアニバーサリー)窒素ver.」をご紹介しました。窒素ver.は飲めないかもしれませんが、3周年記念ビールだけに限定醸造は必至。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね! 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る