【三重】ひみつビール:「スパークル」を樽で飲みました~

ひみつビール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、三重県は伊勢市にある『Himitsu Beer(ひみつビール)』さんから「Sparkle(スパークル)」を樽(ドラフト)で飲めましたのでご紹介したいと思います。前回はファーストバッチの『Homey Saison(ホーミーセゾン)』でしたが、今回はサワーエールという事ですね。おおよそあんな感じかな?と想像していますが…どんな感じでしょうか😄

ひみつビール(スパークル)_イメージ1

『Himitsu Beer(ひみつビール)』Sparkle(スパークル) 詳細

ビール名:Sparkle(スパークル)
ブルワリー名:Himitsu Beer(ひみつビール)
ビアスタイル:サワーエール
アルコール度数:4.0%
IBU:???
URL:Himitsu Beer(ひみつビール) なし
facebook:Himitsu Beer(ひみつビール) なし

コチラがその「Sparkle(スパークル)」のビール画像です。

ひみつビール(スパークル)_01

「Sparkle(スパークル)」飲み応えレビュー

見た目は、ややくすみのある山吹色という感じでしょうか
香りは、ホップ感などは弱く感じて程よい酸味感が
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性も弱め。また求めてる甘さはなし。そしてパッションフルーツにも感じたがグレープフルーツっぽさの方がしっくりきたホップ感から、モルトのかなり控えめさが見え隠れ。飲み後には甘さがなくも、酸味感は絶妙で心地よさを感じホップ由来であろう微ホロ苦さも。ボディはかなりライトで飲みやすさと飲み応えも感じれるも、言葉は悪いが…至って普通で“シンプルなサワー”な印象。残念ながらビアっぷるの好みには至りませんでした💦

水っぽさはなくもかなりライトなサワーエール

この「Sparkle(スパークル)」ですが、今回は1種類のホップと1種類のモルトを使い醸造されたサワーエール。ええ、今やあまり見かけなくなったが懐かしさも感じてしまう“SMaSH”ですね。そんなビールですが、ホップはネルソンソーヴィンでその他原材料の記載はないが醸造されたのはアルコール度数4.0%のかなりライトなサワーエール。ええ、感じ方は人それぞれですがネルソンソーヴィン=白ワインという方が多いが、今回ビアっぷるには白ワインさはほぼ感じれず、モルトの感じから恐らくピルスナーかな?と勝手に妄想しつつ、優しい酸味と合わさって出た感想がパッションフルーツさもちょい感じたが『エグみのないグレープフルーツ感』がしっくりでした😅。ただ、温度が上がってビール全体がくっきりしてくる印象も感じれたが、いかんせんシンプル。ファーストバッチの『Homey Saison(ホーミーセゾン)』と合わせまだ2種類しか飲ませて頂いてないが、現時点では“突出して特徴を出すビールを醸造されない”と勝手に妄想。やはりヘイジーIPAを飲んでみたいが…今後もう少し飲ませて頂き好みなビールが見つかる事を願いつつ、ひみつさんの方向性や特徴も合わせて見つけていければいいなぁ~と思う、ビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は、三重県は伊勢市にある『Himitsu Beer(ひみつビール)』さんから「Sparkle(スパークル)」をご紹介しました。水っぽさはないが、かなりライトでシンプルなサワーエール🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。“人の舌は十人十色”という事、そしてまだまだ“嗜好品”という事を基本にクラフトビールを飲んだ後はマニアックな内容や独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を興味が持てる様にご紹介したいと思っています。因みに自身の舌で感じた事を比べてみるのも面白さと思っています。この様なブログですが、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る